最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

有名人

降旗康男監督の代表作と言えば?!主要作品のロケ地はどこなのか?

投稿日:2019年5月27日 更新日:




日本映画の巨匠、降旗康男監督がお亡くなりになりました。

近すぎて気が付きにくいような、日本人の心象風景を微妙に描き出していた降旗康男監督は将来語り継がれる作品を撮って来ておられます。

降旗監督の代表作を集めてみました!

スポンサーリンク

鉄道員(ぽっぽや)は降旗康男監督の代表作は不朽の名作

『鉄道員』と言えば、洋画で同じ邦名タイトルの作品がありますがこれとは違います(こちらも大変な名作ですね!)。

鉄道員と書きまして『ぽっぽや』と読みます。

降旗康男監督の65歳時の作品で、降旗監督の絶頂期と言いますか最高傑作というべき作品ですね。

第23回日本アカデミー賞の最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀脚本賞、最優秀主演男優賞(高倉健)、最優秀主演女優賞(大竹しのぶ)、最優秀助演男優賞(小林稔侍)などなど…

主要部門をほぼ独占した作品だったのですね。

ロケ地である「幾寅駅」は、北海道「富良野市」からJR根室本線で約50分の場所ある無人駅ですね。

< 鉄道員『ぽっぽや』のネタバレを少し >

北海道が舞台であり、佐藤乙松(=高倉健)は北海道ローカル線の駅長です。

そして、奇しくも駅長を務める幌舞駅(ほろまいえき)が廃止になる翌年の春に、乙松は定年を迎えることになっていたのでした。

乙松には家族がおらず、妻も娘もなくして独りぼっちでしたが、黙々と北海道ローカル線の終着駅の駅長を一人でこなしていたのでした。

映画のキャッチコピーにもあるように『一人娘をなくした日も妻を亡くした日も、男は駅のホームに立ち続けていた』のでした。

乙松が仕事をしている駅の最後の正月に、小さい女の子が駅に現れます。

そして、人形を忘れて帰るのですが、午後になるとその女の子の小6の姉が人形を取りに現れます。

その後に高校生くらいの少女が現れ、乙松に鍋を作ってくれたり楽しく話をしたりします。

どうやら、死んだ一人娘が幽霊となり、成長の姿を見せてくれていたのでした。

(この先は、ぜひ映画をご覧になってください♪)

スポンサーリンク

降旗康男監督の代表作『あ・うん』は心温まるホームドラマ

『あ・うん』は向田邦子さんの脚本のテレビドラマなのですが、向田邦子さんが取材旅行中に台湾での飛行機事故にて死去したため完結はしていないのですが、前半部を映画にまとめた感じですね。

高倉健さんが主役に起用されまして、NHKテレビドラマのパート1までをまとめた内容が映画になっているのですね。

< あ・うんのネタバレを少し >

第二次大戦前の日本のとある家庭の様子を描いた作品ですね。

門倉修三(=高倉健)の門倉家は、第1次大戦関連の軍需景気で羽振りが良く、やや豪快な商家であり、対する水田仙吉(=板東英二)の水田家はつつましいサラリーマン一家であり両家の行き来が描かれます。

水田家の娘 さと子(=富田靖子)は、門倉君子の紹介で、帝大生 石川義彦と見合いをしますが、石川は君子とさと子を狛犬(こまいぬ)の『阿吽(あうん)』のようだ、と批評します。

(神社などの狛犬は、2体合わせて1セットになっていて、それぞれが呼応するところから阿吽と呼ばれ、転じて お互いの呼吸が合うところを『阿吽の呼吸』などというようになったようです)

父の水田仙吉は夜学しか出ていないため、帝大生との見合いを「身分不相応」と断ります。

当時の、家柄やしきたり 家の『格付け』などの、ある種 身分的なところを、両家のやり取りを通じて描いていくのでした。

ロケ地は、伊豆の修善寺や神楽坂などですが、いずれも風情のあるロケーションで一度行ってみたい感じですね。

(この先は、ぜひ映画をご覧になってください♪)

スポンサーリンク

山口百恵が主演を務めた『赤い』シリーズも降旗康男監督の代表作?

映画ではありませんが、1974年から始まったTBS系列で放映されていたテレビドラマ『赤い』シリーズにも監督として参加していました。

メインキャストとして、山口百恵が実質固定されていたこともありますが、宇津井健さんが主演男優であることが多かったですね。

山口百恵の人気を絶対的なものにしただけでなく、後年夫となる三浦友和との出会いもこのシリーズを通じてでした。

テレビ以外に娯楽が少ない時代だったとはいえ、平均資料率が30%弱と驚異的であり『赤い』シリーズは第10弾まで放映されたのですが、高視聴率ドラマの金字塔的な作品群でした。

降旗康男監督以外にも、当時の有名・人気脚本家が担当し、監督も有力どころを揃えたラインアップであり、ヒットするのもわからないではない、というところですね。

スポンサーリンク

降旗康男監督の代表作はまだまだあるのですが…

テレビドラマでは、関わっていることがあまり知られていない作品が多いようですね。

ご逝去の後、もしかしたらオンエアの機会があるかもしれません。

気になる人は、ぜひチェックを!してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-有名人

執筆者:

関連記事

前澤友作が月旅行に連れてくアーチストは誰?費用は幾らかかるのか?

ZOZOTOWNの代表取締役社長の前澤友作さんが、月旅行に行くということで話題になっています。 今回は、月の周囲を周回する宇宙旅行ということで、民間人としては前澤友作さんが初めてということで、人類規模 …

嵐のゆかりがある神社のまとめ!コンサートチケット当選祈願にファンが押し寄せる!

嵐の活動停止 記者会見から少し経ちますが、目に見えて大きな動きが出てきています。 まず、ファンクラブがいきなり10万人も増えた話。 活動休止と言っても、一期的に解散してしまうような感じだけに、惜しむ声 …

叶姉妹の投資話の内容を具体的に?!芸能以外の収入源は謎に包まれているが…

2019年3月27日に叶姉妹がついに、自身の収入源について言及しています。 これは、叶姉妹の肖像を勝手に利用して資金を集めようとしているとみられる詐欺広告がネットに掲載されているのを発見してのリアクシ …

ローランドはカリスマホストで指名料日本一?本名や学歴 サッカー歴は!

カリスマホストで、指名料も日本一の呼び名も高い ローランド氏が何と伝説のサッカーマニア番組に登場! 元サッカー特待生だった経歴を引っ提げて、ホスト界のデビューしたカリスマホスト ローランド氏は謎に包ま …

桑名正博の偽息子が長男と直接対決!名乗りを上げた乃羅はホンモノの隠し子か!

ワイドショーで話題になっている桑名正博さんの偽息子問題ですが、ニセモノは何のつもりでやっているのでしょうか? どうやら、桑名正博さんに認知されていない婚外子ではないのか? そんな情報も広がってきていま …