最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

有名人 ドラマ

横浜流星は はじこいでブレイク中!ゆりゆりがトレンド入りで視聴率は?

投稿日:2019年2月6日 更新日:





横浜流星さんがドラマ出演で、番組も人気している?

視聴率が気になりますが、トレンディな『初めて恋をした日に読む話』が若い世代に好調のようですね。

 

深田恭子の謎な魅力もありますが、受験シーズンにばっちりな内容でも、受験生は見られない??

横浜流星さん演じる由利匡平(ゆりゆり)の魅力に迫りながら、サブキャラにもちょっとクローズアップします!

⇒ 中村倫也は歌下手なのか?!ニキビCMでは歌っていないけど結構上手い?

スポンサーリンク

横浜流星(ゆりゆり)に女性ファンが熱狂している??

実は、視聴率は7.8%と、結構残念な数字ながら(人気ドラマだと『逃げるは恥だが役に立つ』が平均14.8%と10%越えが求められる!)…

横浜流星』『ゆりゆり』『はじこい(初めて恋をした日に読む話の略)』などがトレンドキーワード入りしており、もう視聴率なんてどうでもいい!!

恐らくですが、20~30代の女性ファンなどが、中心に観ていると思われ、また20~30代男性は深田恭子さんの不思議な魅力につかまっていると思われます♪

深田恭子さんの何となく棒読みのセリフ(失礼!)が、元東大受験生で「かなり空気が読めない、妙に自分中心で相手のことが分かっていない」役になんともフィットすることに。

朝の連続テレビ小説を契機に最近、イケメン枠で登場するようになった中村倫也さんも登場して、こちらはもっと年代が上の視聴者担当かしら?

ともかく、横浜流星さんに感情が動いてしまう、同じ受験生年代付近の女性ファンのシンパシーが、大波を打って集まっているのを感じてしまいますね。

回を重ねることに、着々と視聴率を下げているのですが「次はどうなるの?」という、視聴者の関心・好奇心をあおる流れがないのかもしれません。

ですが、横浜流星さん(ゆりゆり)や中村倫也さん、そして深田恭子さんのやり取りを眺めているだけなら、案外 心地よい感じのドラマと言えなくもないのですね。

視聴率は第一話から、8.6%、9.0%、8.8%、7.8%と着々と下降線を描いていますが、キーワードがトレンド入りしているのはそういうことなのかもしれません。

横浜流星中心にイケメンを配置した図式だが…

横浜流星さんと中村倫也さんの『イケメン対立』とか、ここに永山絢斗さんを加えて『イケメン三つ巴』などという活字が躍っている感じがします。

 

そして、ありがちな大学受験の高校となれば、誰しも感情移入しやすい舞台ということになりそうですね。

進学予備校が舞台の大きな部分を占めてまして、やたら受験に力を入れていた人にとってはあまり目新しくないけど、受験から縁遠い人には注目の内容なのかしら?

東大受験とか、京大受験って、やっぱりちょっと、雲の上の世界って感じなのですが…

『はじこい』は、時期的には、冬ドラマとして バッチリの設定と言えなくないと思いますね。

スポンサーリンク

横浜流星ってキラキラネームでいかにも芸名って感じなのですが…

wikiとか見ると、恐ろしいことに、横浜流星さんというのは、本名らしくて驚きます!

横浜さん』という姓もちょっと目新しくて驚くんですが、そこへ『流星』とは?!

赤毛で、地味な東大受験生というところからは、相当かけ離れているのですが、これがまた新鮮な感じで驚きます。

 

両親は、ほとんどかまってくれない、関心を持ってくれないという孤独な青年(ゆりゆり)の役ですが、かっこつけるでなく、卑屈になるでもなく、等身大で描かれている感じですね。

そして、同年代の青年が抱くであろう、異性への純粋で曲がりのない関心・好意のようなものがみずみずしく演じだされている感じがします。

また、その好意の対象になっている深田恭子が驚くべき鈍感さで、好意を抱いている男性達をなで切る感じで、これがとてもキレ味がいい!!

横浜流星さんも、自分の気持ちに気づきつつも、それを素直には表現できず、葛藤として内に秘める感じでこちらも興味深い。

『はじこい』って 誰しも一度はとおってきたところが舞台設定となっていて、それゆえに やはり視聴者を惹き付けてしまうのではないかって思いますね。

スポンサーリンク

横浜流星は極真空手初段で世界大会で優勝歴もあり!

横浜流星さんは、極真空手の有段者であり、2011年には少年空手の部門(2011第7回国際青少年空手道選手権大会13・14歳男子55kgの部)で優勝歴もある実力者。

物静かでニヒルな感じは、やはり本格的に格闘技を極めようとした『ホンモノ』の輝きがあるのかもしれません。

最近の芸能界では、特に若手の部はAO入試ではありませんが、何か一芸を携えて、演技者の道を歩む人が少なくありません。

やはり、その役者としての存在感とか、充実した中身を求めると、単なるモデル業とかではなくて、自分に向きあい 一時期でも自分を極めようとした時間が必要なのかも?

そんなことを、演技を通して感じることができるような気がしますね。

スポンサーリンク

『初めて恋をした日に読む話』は少女マンガが原作で…

脚本のベースは、少女マンガ雑誌『Cookie』(集英社)に持田あきが連載している『初めて恋をした日に読む話(はじこい)』(マーガレットコミックス)ですね。

深田恭子は東大受験に失敗して、ズルズルと予備校の講師になって生計を立てている、知的キャラというところ。

ですが、予備校の地味で面白くない雰囲気のところに『深田恭子』が登場すると、何となく『ギャップ萌え』してしまうのかもしれません。

(あんな先生がいたら、もっともっと勉強したのに!という声が聞こえそうですね(笑))

そして、横浜流星さんの役(由利匡平=ゆりゆり)もピンクの染め頭と、これまた進学の世界とはかなりギャップがある感じですね。

中村倫也さんのような先生が、公立学校の担任とかにいるのも、ちょっと変わった設定かもしれません。

要するに、ありきたりな受験風景の中に思わぬキャラが配置されて、そこここでギャップを作っている!というのが『はじこい』の世界ではないかと思います。

視聴率 関係なく楽しめる趣向になっている感じで、私はストーリーの先が楽しみです。

< この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです! >

スポンサーリンク

-有名人, ドラマ

執筆者:

関連記事

西良浩一の整形外科のスポーツ専門外来はどこで受診できるか?出身や経歴は?

西良浩一先生と言えば、整形外科の専門医として、特に腰痛治療のスペシャリストとして知られています。 西良浩一先生のスポーツ外来は(都内では)どこで診療が受けられるか、出身地・経歴などをまとめてみました。 …

中村倫也は歌下手なのか?!ニキビCMでは歌っていないけど結構上手い?

『中村倫也 歌下手』なんてキーワードが出てきて「そうなのか?」とか思ってしまいました。 歌は上手というキーワードも出てきて「中村倫也さんは歌下手?」「どっちなんだ!」と思ってしまいますよね。 ネット上 …

三品瑠香ってどんなひと?9頭身の美少女でカワイイ!彼氏と評判の男性の正体は?

三品瑠香さんの名前がトレンド入りしていて、ファンは喜んでいるところかもしれません。 まだ三品瑠香さんを、ご存じでない人も多いのではないかと思います。 「三品瑠香ってどんな人?」と思っているあなたに、ち …

柚香光は宝塚花組男役のスター!プロフィールや気になるエピソードは?

宝塚歌劇団の男役と言えば”男装の麗人”ってイメージだと思います。 これに現在、ぴったりとあてはまる感じなのが柚香光さんということでしょうか? オバさま方がキャーキャー言うのもわ …

降旗康男監督の代表作と言えば?!主要作品のロケ地はどこなのか?

日本映画の巨匠、降旗康男監督がお亡くなりになりました。 近すぎて気が付きにくいような、日本人の心象風景を微妙に描き出していた降旗康男監督は将来語り継がれる作品を撮って来ておられます。 降旗監督の代表作 …