最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

有名人

安田純平氏は不審点が多い!無事帰還は英雄で良いのだろうか?

投稿日:2018年11月2日 更新日:




シリアの武装組織に拘束されており、2018年に解放された安田純平氏(44)には今なお、謎というか不審点が多い感じですね。

テレビ朝日の玉川徹氏などが「これを英雄としないでどうする」と持ち上げてしまう一方、やはりつじつまの合わない点などが多くあり不審は募るばかり。

拘束されていた過去の例と比較しても、解放された後の本人の状況があまりにもスッキリしすぎており「捕虜だったのは本当だったのか?」

そんな声がしきりのなか、2018年11月2日に日本記者クラブ(東京都千代田区)にて記者会見を開くことが判明しました。

安田純平氏が解放・帰国後の初めての記者会見とあり、興味津々の状況ではあります。

安田氏の謎めいた状況や不審点をまとめてみました。

スポンサーリンク

安田純平氏は帰国後の記者会見は欠席していた

2015年に拘束されたことが伝えられ、以降3年4か月継続的に拘束されていたとされている、安田純平氏

 

本人によると、厳しい環境に耐え抜いて、ようよう無事帰還できたということになっています。

2018年10月25日に帰国したものの、成田での記者会見は心身の負担が大きいとして欠席し、妻の深結氏が替わりに記者会見しました。

本人の、帰国についてのコメントは、帰国途上で立ち寄ったトルコからの飛行機の中にて一部の報道機関が取材ができたのみでした。

やはり、日本のジャーナリズムも手をこまねいてみているわけにもいかず、2018年11月2日に記者会見を持つことにこぎつけました。

ツッコミどころ満載の安田さんの記者会見から目が離せない感じでしょうか?

安田純平氏が地獄だったという拘束生活の割には…

安田氏の不審点の最たるものは「拘束生活は地獄だった」という割には、栄養が行き届いている感じで血色がよく「傷一つない、きれいな顔」のままで、朝日新聞の取材に応じていたことでしょうか?

「頭を洗ってはいけないというルールが設定されており、服も洗えない。指を動かすことも許されず、関節が鳴ってもダメ。

頭も体も洗っていないので、かゆくて掻くと音が鳴る。

指が鳴っても、鼻息も、寝ている間に体が動いてもダメ」

そんな厳しい状況だったと説明するのですが、それだけの状況を見張る 拘束側の手間ひまを考えると、あまり合理性があるとも思えないのですね。

拘束された捕虜とは、やはり大人数でありまとめて管理されているはずですので、細かい条件があると管理側が徹底的に面倒になるわけです。

安田氏自身が「地獄だった」という割には傷一つもなく、ひげを伸ばし放題にしているのは何とも無理やり『やつれた感じ』を『演出している感』が漂ってしまいます。

食事も満足に与えられていなかったはずなのに、ずいぶん栄養状態もいい感じで肌の色つやも良い感じ。

拘束されていた捕虜にはありがちな暴行の跡も感じられず、顔には傷一つないわけで、不思議な感じとネットではもっぱらのうわさなのです。

スポンサーリンク

安田純平氏の謎は深まるばかり

1.5m四方の小さいスペースに閉じ込められていて、体を伸ばすことすら許されなかった、ということにはなっているのですが、医学的にはおかしいのでは、という指摘も寄せられています。

例えば、内臓の病気などで入院生活を送った場合、ベッドにて寝たり起きたりの生活を余儀なくされると思います。

実際、それだけでも歩行障害が出現し(≒ 廃用性症候群などと呼ばれ、足の筋力が低下して歩行困難に陥ります。一日100mも歩かない生活をすると筋力がてきめんに低下するのです!)、背骨の湾曲などの症状もかなりみられるようです。

ずいぶん長期間にわたり、歯磨きもできなかったことになっていますが、歯は真っ白であり、なぜか衛生的な雰囲気がありました。

これらの不審点があるために、無事帰還できた今でも 『ホテル環境』『VIP捕虜』などの声が上がるのも無理はありません。

安田純平の様子をみてなおなお不審の声があがる

高部正樹さんという、現地で傭兵の経験があり状況に詳しい方のツイッターがこう書き残しています。

 

安田純平氏が普通なのがとても不思議に思われます。私(=高部正樹氏)は敵味方の捕虜を何人も見たことがありますが、どの人も1週間もすればボロボロにやつれて生気もなくなってゆきました。

捕虜交換などの手立てを経て帰還してきた兵士などは、30歳前なのに髪の毛は真っ白、まるで幽霊みたいになって帰ってきました。

この人(=安田純平氏)は屈強な特殊部隊の兵士の数倍もタフだということでしょうか?」

プロフェッショナルな人の声を聞けば聞くほど現実との乖離を感じてしまうのですが…

スポンサーリンク

安田純平氏の盟友である常岡浩介氏の語ったことによると

常岡浩介氏が語った、安田純平氏が拘束されたヌスラ戦線の話が極めて面白いので紹介しましょう!

以下は、常岡浩介氏の話ですが…

安田純平氏と同じくヌスラ戦線に拘束されていた人の話によると、ヌスラの幹部職から『お前の国から身代金を巻き上げて山分けしようぜ!』と誘われたことがあるようですね。

そして「同意すると、突然待遇が良くなって、幹部とも食事ができるようになった」とのこと。

安田純平氏もそんな感じで、ずいぶんと楽な生活をしていたのではありませんか??

スポンサーリンク

-有名人

執筆者:

関連記事

今村悦朗が行方不明になっている!雲隠れしたNGT48支配人の状況は?

アイドル界に限らず、芸能やスポーツ界に大きな影をおとしてしまった”山口真帆問題”。 暴行加害の男性2名は1年近く前から山口真帆さんのマンションに”潜入” …

西川史子の病気はガンの疑い?ブログはある?勤務病院や若い頃から現在へ

西川史子先生と言えば、テレビタレントを兼ねておられる現役の医師であらせられる! 歯に衣を着せぬ物言いで、時には視聴者がスカッとする反面、きわど過ぎてテレビのディレクターはハラハラしているかも? 最近で …

由美かおるは年齢詐称なのか。水戸黄門から結婚騒動 今に至る状況は。

由美かおるさんの年齢が分からない!と長く言い続けられてきましたね。 こないだコスメを紹介する番組で「女性は『若く見える』じゃだめ、『年齢が分からない』と言われなくては!」と言っていました。 要するに『 …

鈴木光が東大王で活躍してトレンド入り!中3で英検1級で双子の姉がいる!

東大王の番組中で、圧倒的な才能と美貌で魅了してくれた鈴木光さん。 この番組だけで、鈴木光さんのファンになってしまった人も多いのではないかと思いますが、クイズ好きだけではないので驚かされます。 高校時代 …

渡辺恒雄が公式の場面に現れた!主筆死亡説の根拠は何だったのか!

読売新聞の”黒幕”と呼び名も高い、渡辺恒雄主筆が死去したのでは、という噂が流れてきていました。 これには、いろいろの論拠があるのですが、読売グループがひた隠しにしてきたのか?? …