最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

有名人

五木のどかの年齢や出身地と家族の情報!豆にハマった理由を徹底調査した

投稿日:




自ら『豆研究家』になり、企業からもレシピ依頼が来たという五木のどかさん

ご自身の年齢、出身地、家族の情報や、どうして豆に没入するようになったのか?

その周辺情報を書いてみました!

⇒ 窪田好直の玉ねぎスープが凄い!血糖降下作用や生活習慣病予防に役立つ

スポンサーリンク

五木のどかの経歴をまとめてみると…

現在 京都在住の五木のどかさんですが、ご出身は九州・福岡になります。

年齢は、スミマセン!、やはり女性の年齢はうかつに発表しない方向のようでして、不詳ですが京都に移り住んで10年とおっしゃいますので、アラサーとアラフォーの間あたりではないか?

ご家族ですが、九州から京都に移り住んでおられることを書いた記事に「家族と二人分の食事に…」という記載がありますので、もう一人ご家族がおられるようです。

とすれば、ご主人と済んでおられるとか、お子さんと二人で住んでおられるとか、どちらかの親御さんと住んでおられる、などのパターンを想像しますが…

もう一人のご家族について、あれこれと想像を巡らせてしまいますが、やはり引っ越しの主導権が五木のどかさんにあったことから想像しますと…ご主人を説き伏せて…とかかな??

スポンサーリンク

五木のどかさんが”豆”に『はまった』理由というのが…

『豆と豆料理を求めて取材を続けるフリーライター』とご自身のことを称される、五木のどかさん

五木さんは、どうしてそんなに”豆”にこだわるようになったのでしょうか?

それは、今から13年ほど前に、福岡県の久留米市にある『穀物屋 森光商店』を訪問したときにはじまります。

穀物屋 森光商店

ここで、五木のどかさんは大変なカルチャーショックを受けることに。

穀物の専門店である森光商店には、棚一面に見たこともない豆がズラリと並んでいました。

色とりどりできれいに分類されて陳列されており、これを五木のどかさんは「やたら可愛い!」と思ってしまったようなのですね。

その結果、気になった順に次々と『全豆制覇』を目指すことになったのでした。

店を何度も訪れては、気になる豆を2~3袋ずつ買ってはもち帰って調理するような日々。

全豆制覇には1年以上を費やしたと言いますが、制覇のころにはもう豆からは離れられなくなっていたと言います。

そして森光商店で、ドンドン豆が好きになっていく五木のどかさんを頼もしく支えてくれていたのが、森光商店のレジの横に設置されていたパソコンでした。

豆を使った料理のレシピや作り方などがふんだんに選べて、なおかつ自由プリントアウトも出来た、五木さんに言わせれば『玉手箱』状態だったといいます。

そして、五木さんは 和洋さまざまな豆料理にドンドン幅を広げていったのでした。

スポンサーリンク

豆料理の延長線上にあった京都移住計画が決行された!

多くの京都ファンの女子がそうであるように、京都大好き女子だった五木のどかさんは、福岡から年に2~3回と京都を訪れるのを楽しみにしておられたのですね。

そして、数日の京都生活を満喫されていたと言います。

京都に錦市場(※)を着物で歩き、京女子になりきった風情で、豆店、八百屋、豆腐店、甘味処などを巡り歩くと、気分はもうすっかり『京女』の世界だったと言います。

 

※ 錦市場商店街

子供のころから豆が好きで、金時甘蔗や甘納豆、ぜんざい、あんこなどなど甘い豆が好物だったこともあり、京都のしっくりした甘さもご趣味に合ったのかもしれません。

「自分に対してのご褒美だ!」「勉強のためだ!」と理由付けして京都に参上し、スーツケースをいっぱいにして福岡に帰ることを繰り返していたと言います。

京都好き、豆好き、着物好きが高じに高じ「豆と着物をライフワークにしたい」という希望がついにかなって五木のどかさんは10年前に 晴れて!京都市民となったのでした!

五木のどかさんのオフィシャルブログは

豆なブログ

 

< この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです! >

スポンサーリンク

-有名人

執筆者:

関連記事

金澤翔子の母親はどんな人?書道家でダウン症の翔子を育てた実家の実力は?

世間では”ダウン症の天才書家”と呼び名の高い金澤翔子さん。 障がいをお持ちなのに、とても力強くて素晴らしい作品を作っている金澤翔子さんの環境については誰しも気になるところだと思 …

安田純平氏はパスポートの国籍は韓国人!本名はウマル?動画は自業自得か

安田純平氏の生の声が動画を通じて配信されており、話題となっています。 その中で「私の名前はウマルです。韓国人です。今日の日付は2018年7月25日です」と語り始めます。 日本から見れば不可思議なのは、 …

降旗康男監督の代表作と言えば?!主要作品のロケ地はどこなのか?

日本映画の巨匠、降旗康男監督がお亡くなりになりました。 近すぎて気が付きにくいような、日本人の心象風景を微妙に描き出していた降旗康男監督は将来語り継がれる作品を撮って来ておられます。 降旗監督の代表作 …

柚香光は宝塚花組男役のスター!プロフィールや気になるエピソードは?

宝塚歌劇団の男役と言えば”男装の麗人”ってイメージだと思います。 これに現在、ぴったりとあてはまる感じなのが柚香光さんということでしょうか? オバさま方がキャーキャー言うのもわ …

中村倫也がブレイクした理由は!コメディ作品から主役俳優へ成長した理由は?

中村倫也さんは、テレビにはかなり前から出演されていましたが、主役級の役者としての認知度が今一つ高くなかったと思います。 朝の連続テレビ小説『半分、青い』でドラマの中心人物の役割となる配役が当たって一躍 …