最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

女子体操問題

宮嶋泰子が炎上!体操協会や塚原夫妻を援護するホントの理由とは?

投稿日:2018年9月6日 更新日:

宮川紗江選手が告発し、初めて明るみに出た感じのある『塚原夫妻 パワハラ問題』ですが、突然塚原夫妻が折れて謝罪する方向になりました。

ところが、宮川紗江選手がこの謝罪を拒否して、対決状態に入りました。

そのうえ2018年の9月6日に、体操の練習場にて速見佑斗コーチが本気で宮川紗江選手に平手打ちを振るう動画が出てきまして、泥沼の状況になってきました。

それでも、当初 塚原光男さんが「全部ウソ」といい、塚原千恵子さんが「言ったもん勝ちじゃない、それなら黙っていないわよ」と気を吐いていた夫妻もかなりトーンダウンしてきました。

夫妻が孤立か?というときに、何と体操協会や塚原夫妻を援護し、けなげな18歳の宮川紗江選手を「思い込みが強い!」とまでこき下ろした人物が 何とテレビ画面に現れたのです。

元女性アナウンサーで、現在はスポーツコメンテイターなる、やや疑わしい肩書で活躍している宮嶋泰子さん、その人です。

宮嶋泰子さんにかなり疑わしい印象を持たれていた方は、ぜひ最後まで読んで頂いたら、この人物の胡散臭い正体が見極められると思います。

途中、少し説明のために寄り道もしますが、体操協会や塚原夫妻を懸命に弁護する ホントの理由に必ずやたどり着けると思います。

宮嶋泰子のスポーツ報道との”馴れ初め”は?

鎌倉市にて成長した宮嶋さんは、早稲田大学一文仏文科を卒業します。在籍中に 劇団『テアトル・エコー』に演劇もかじっておられたようです。

押しが強く、マスコミ的なハッタリの利く人間性はこのころ身についたのかもしれません。

1977年、テレビ朝日に局アナとして入社し、スポーツ番組を主戦場として活躍します。

スポーツニュース系の番組でキャスターを務めるなど、またオリンピックやパラリンピックの番組にも出演します。

テレビ朝日在籍中、スポーツ特集制作に明け暮れ170本ものスポーツ番組を手掛けることになります。

トップアスリートに直接アプローチをする権利を得たみたいなわけですから、有名選手がいるとなれば、飛んで行って真っ先に取材!

そんな状況が続いていたと思われます。

瀬古利彦関連の書籍をロス五輪直前に出版する

かなり古い話になってしまいますが、ロス五輪直前は「マラソンの金メダルはもう、瀬古利彦で決まり!」という雰囲気さえありました。

マラソンの連勝記録と、当時としては世界のトップレベルの2時間8分台を何度も出して、関係者も「間違いない!」と信じていたのです。

このころ宮嶋さんがロス五輪の直前に出版したのが『走れ!瀬古利彦』になります。

(瀬古利彦は現在、東京オリンピックのマラソン部門のプロジェクトリーダーになっている)

画像では写っていませんが、店頭ではゴールドの帯が付いており「金メダルですよ!」とばかりに書店に並んだのです。

早稲田の後輩である、瀬古利彦に話を持って行き、書籍を出版することの承諾を得たのでしょうか?

ご存知の方は かなり上の年代の方かも知れませんが、結果としては瀬古利彦は14位に惨敗します。

宮嶋泰子さんの大儲けの夢ははかなくも消えました。

橋本聖子関連の書籍をソウル五輪直前に出版する

今度は、宮嶋泰子さんが橋本聖子さんの書籍を88年8月に出版します。

88年の8月と言えば、ソウル五輪の、これまた直前に当たります。

まあ、宮嶋泰子さんという人は、こうやってアスリートの取材をしては出版、そんな経歴もあることを知っておいてください。

(後からこれが、宮川紗枝選手の話とつながってきます)

オリンピック選手の肖像権は誰のものなのか?

話が少し戻りますが、瀬古利彦選手が出場したロサンゼルスオリンピックは、それまでのオリンピックとは様相が違ったものになりました。

カール・ルイスが登場し、いわゆるプロ化の波が押し寄せてきまして、選手もギャラを求めることができることが現実的に可能になったのです。

となると、自分の自伝を書いたりエッセイを出版したりという、それまで禁じられていた『スポーツの栄誉を競技生活をつづけながら稼ぎに使う』こともできるようになるのです。

(↑当時は、選手がライターと”共著”という形で自伝を書き、印税の半分を受けとるなどという仕組みも流行していました)

 

オリンピックも高度化してきますと、資金がなくてはやっていけない、栄養費などと細々と配布される資金だけでは難しくなっていたのです。

日本では、体育大などという、ゆとりの競技生活ができる大学生と、実業団という半プロ組織が支えてきていたのですが、それも限界に達してきていたのです。

当時、朝日新聞などは中条一夫編集委員(「僕は東大を出ているのに、スポーツ報道をしている」としばしば語る朝日の名物編集委員)などが、なんとしてもプロ化阻止!と叫んでいました。

(そりゃ、そうですね、高校野球などという、高校生の無垢な努力を朝日は食い物にしてきているのですから、食い扶持は捨てられないのですね)

実際、日本では選手がアマチュアリズムで「金を得てはいけない」ここだけを厳格に選手に守らせたばかりに、円谷幸吉、依田郁子、それ以外にも自転車、柔道とたくさんの自殺者が出ているのです。

引退後、選手時代の後遺症に苦しみ、生活は苦しい、沢山のオリンピアンたちが生き地獄に落ちました。

(私は大変心配するのが、2020 東京オリンピックの後にも悲惨な自殺者がたくさん出るのではないか、ということですね)

さて、そんなアスリートの苦しみをよそに、選手にぺったりくっついて取材をしては自著を出版する、そんなことを平然としてきている人物、それが宮嶋泰子さんというわけです。

民法の世界で「法律的には合法だが、正当なものとは言えない」という判断がありますが、この件についても同じようなものではないかと考えます。

宮嶋泰子の最近の活躍は

記憶に新しいのは、平昌オリンピックで金メダルを取った小平奈緒の勝利インタビューに出しゃばってきたのが宮嶋泰子さんというわけですね。

ここで思い出していただきたいのですが、先の書籍で橋本聖子さんに関する書籍がありましたよね。

橋本聖子さんと言えば、目下スケート連盟の会長なのです。

すなわち、橋本聖子 ⇒ スピードスケート ⇒ 小平奈緒とつながります。

自分から進み出て、取材させてくれ、と売り込んだのではないでしょうか?

なぜ宮嶋泰子さんは体操協会や特に塚原夫妻を援護するのか?

本人の弁では「私のところにも誹謗中傷もかなり来ています(一番下に、記事をペーストしてあります)」などと、客観的に見ているみたいに言っていますが、この人の話はやはりおかしい。

「宮川紗江選手と速見コーチが『引き抜き』と言っているのは、私(=宮嶋泰子)は『思い込み』だと感じています」

明らかに『思い込み』ではない状況なのに、宮嶋泰子さんは必死で塚原夫妻を『弁護』しているのでしょうか?

勘の鋭い方は、もうお気づきでしょう!

次の東京オリンピックの時の『獲物』がぶら下がっているのです!!!

もし、あなたが東京オリンピックの頃、日本体操協会の選手の取材などの仕事の狙っていたら、誰を取材したいですか?

言うまでもなく、金メダルが大いに期待できる男子団体でしょう!

その時期には、大ベテランの年齢となってしまいますが、内村航平選手は現役でしょうし、白井健三選手、加藤凌平選手…金メダルも夢じゃない顔ぶれではありませんか??

ということで、宮嶋泰子さんは男子体操を狙っていますので、体操協会だの塚原夫妻だのの肩を持たざるを得ないのではないでしょうか。

朝日新聞やテレビ朝日もそろそろ宮嶋泰子を切るべき時期

とにかく、私欲で動いている?明らかに協会に虐待されている選手(=宮川紗江選手)より、協会の肩を持つなどは、天下の朝日新聞の関係会社での出来事としては許され得ないことではないか?

言うまでもないですが、これまでかなり自身のグレーなイメージを国民に植え付けてきていますので、これで男子体操のメダルインタビューに出てきたりしたら、もう大ブーイングの嵐であることはわかるでしょう。

そろそろ、朝日新聞もテレ朝も、ロートルで、自分の欲で訳が分からなくなっている宮嶋泰子と決別すべきところではないでしょうか?

(塚原千恵子が体操界の『女帝』なら、こちらはスポーツマスコミ界の『女帝』なのですから…こういう人物は、もう無理でしょう)

週刊誌 各誌も、当記事を後追いして頂きたく思います。拡散よろしくお願いします!!!

追記 つぎつぎと追加していきます

宮嶋泰子さんが日本体操協会の理事をしている記事がネット上にあります。

宮嶋泰子さんが理事をしているのは『日本”新”体操連盟の理事』ですね。

しかし、現在 日本新体操連盟は日本新体操協会の関係団体(下部団体)という扱いです。

つまり、日本新体操協会は、日本体操協会の子会社みたいな扱いなのですね。

そして、宮嶋泰子さんが理事として、どうして参入を依頼されたか考えると、間違いなく『マスコミ対策』でしょうね。

ですから今回、パワハラ問題が発覚したら「アナタの出番よ!」と背中を押される展開になっているのだと想像できます。

しかし、上の記事にみます通り、宮嶋泰子さんは選手の著作権・肖像権を使うなどの、いわゆる『利権がからんだ人物』ということになります。

ボクシング連盟の問題を思い起こせば、山根明会長が 連盟検定済みのグローブを専売するなどは、やはり問題ということだったと思います。

過去に選手の肖像権などを(無断でとは言いませんが…)自著に使うなどしてきているのですから、やはり選手の権利が侵害される可能性があると思います。

ということで、この人はやはり日本新体操連盟の理事には、コンプライアンス上 ふさわしくないと考えますが、顧問弁護士さん いかがお考えでしょうか?

2018年9月7日のネット記事によりますと「テレビを見て、塚原バッシングをうのみにしていた方も、そろそろ目を覚ましませんか」などとフェイスブックに投稿する宮嶋泰子氏(↓下にペーストしてあります)。

まだまだ話題の人物と言えそうですね。

 

< 参考資料 >

体操取材歴40年のテレビ朝日スポーツコメンテーターの宮嶋泰子氏(63)が3日、自身のフェイスブックを更新。女子体操の宮川紗江(18)が日本協会の塚原千恵子・女子強化本部長(71)らからパワハラを受けたと主張した問題について「私のところにSNSでの誹謗中傷もかなり来ています」と明かし、自身の見解を改めて示した。

宮嶋氏は「今回の体操暴力&パワハラ事件に関して、何やら、私のところにSNSでの誹謗中傷もかなり来ています。テレビで体操協会の暴力事件は塚原夫妻の陰謀であるという意見を体操OBがテレビで伝える中、私は塚原陰謀説を否定してきました」とコメント。その上で「偶然この事件の発端からじっとそばで見ておりましたので、今日は私なりの見解をお伝えします」「男子体操OBたちが色々な番組に自ら出演を申し出て主張を繰り返してされていました。しかし、私の見解は異なります。ここにそれを整理してお伝えします」とつづった。

まずは「なぜ数年にわたって繰り返し行われてきた速見コーチの暴力が今頃急に問題になったのか?」との点について、「以前の所属先やナショナルトレーニングセンター(NTC)などで繰り返し行われてきた速見氏の暴力ですが、同じ練習場所でトレーニングをしていた選手やコーチが、このことについて塚原千恵子強化部長に報告しました」「すると偶然これと同じ時期に、別ルートから日本スポーツ振興センター(JSC)にも速見氏の暴力の報告と調査依頼が提出されていました」と説明。

「慌てたのは体操協会です。自分たちがこの問題をきちんと処理しなければ、JSCがこの暴力問題を徹底的に調査し始めます。JSCから調査が入り体操協会の不祥事が明るみになればこれは体操協会の不名誉な出来事となります。そこでまずは、日本体操協会内でこれを徹底的に調査するので、JSCの調査はそれが不十分だった場合に行ってもらうようにしたのです」とし、「山本専務理事による選手やコーチ及びクラブの聞き取り調査が始まり、多くの目撃証言が寄せられ、早い決断で、無期限資格停止となりました。この処分は本人が悔い改めしっかりした指導がなされれば戻ってくることも可能というものです。大会への出場やNTCでのトレーニング指導はできませんが、一般の体育館での指導は可能です。その指導者の生活権までは奪わないというものです。この迅速な処理によって、JSCからの調査は行われないこととなりました。生半可な結論ではJSCからの再調査が行われる可能性があったのです。これが、なぜ急にこの暴力問題が取りあげられ早い処置がなされたかという理由です。塚原夫妻が選手とコーチを離す意図で早い処置をしたという推測は間違いだとお分かりになると思います」とした。

次は「宮川紗江選手が感じた恐怖の下地は引き抜き?」という点。宮川と塚原氏が話し合いを行った7月15日に現場で取材していたという宮嶋氏は「宮川さんや速見コーチは以前から、塚原夫妻の引き抜きが頻繁に行われていると信じていました。そして今それが行われていると思っていたのです。実は私はこれは『思い込み』だと感じています」と主張。「確かに朝日生命体操クラブには日本全国から優秀な選手が15歳ぐらいで移籍してくるケースがありました。しかしそれは自分で望んだり、移籍した選手の好成績を見て後を追って移籍して来たり、または親同志のコネクションで移籍して来たりするケースが多かったようです。塚原千恵子さんは『自分で勧誘したことは一度もない』と言っています」と明かし、「又、昨日私のところに入った元朝日生命選手からのコメントによると、7年間の在籍中に引き抜かれてきた選手は一人もいなかった。テレビで男性体操OBが話している『引き抜き』は思い込みに過ぎない、きちんと調べてから発言してほしいと明言していました」と記した。

3点目は「塚原夫妻のハラスメント」について。「もともと、自分の考えを前面に押し出す塚原千恵子さんは、『おかしいものはおかしい』とはっきり口に出すタイプでした」と明かし、「ですから体操界でも塚原さんから嫌われている人も多くいました。反対に、塚原千恵子さんを嫌う人も多くいたことになります。こうしたことも、今回、体操OBが塚原攻撃に出た一つの要因でしょう。『おかしいものはおかしい』と言ってしまうことも、今の時代はハラスメントにつながると指摘する弁護士もいます」とつづった。

4点目は「専属コーチの暴力問題から、協会幹部へのハラスメントへ」。「今回宮川紗江さんと並んで記者会見などに臨んだ山口弁護士の手腕は見事でした。コーチの暴力問題を協会幹部から選手へのハラスメントへ移行させてしまったのですから。顧客である宮川サイドの応援という意味では完璧だったでしょう」と宮嶋氏。「ただ、だからと言って、暴力問題が薄まるわけではないということです。これは絶対にダメなのです。そして暴力を受けた選手が『私は大丈夫です』などと言ってもいけないのです」と強調。「そして組織の幹部もハラスメントにもっと意識を向けなくてはいけないということです。昔の体育会の上意下達の世界で育ってきた幹部連中には選手がコーチの指示を聞くのは当たり前という思いがあります。しかし時代は変わり、選手とコーチが話し合いながら、よい方法を考えて実践していく時代に入ってきているのです。そこを認識する必要があるでしょう。昨夜塚原夫妻のお詫びのコメントがファクシミリで流れました。そのあたりに二人が気付いてくれたとしたのならうれしいことです」とつづった。

5点目は「これからの宮川紗江さん」について。「宮川さんは高校を卒業して今年春、『私は内村航平さんと同じプロです』と公言しています」とし、「現実的には練習環境の確保や資金繰りなど難しい面も多々あったのでしょう。この記者会見の時には所属先も決まっていない状態でした。宮川さんは大阪体育大学ダッシュプロジェクトの4年契約がありましたが、それもどうなったのかわからないままで、さらには2か月ほど所属したスポンサー企業から外れることを宮川さんサイドが強く要望し、8月下旬に外れています。こうした、今、自分が置かれている状況を打開したいという思いもあったでしょう。今回の件で、スポンサーがつき、安心してトレーニングができることになればこれ以上のことはありません」と記述。

「10月下旬から11月にかけて行われる世界選手権を辞退し、ナショナル合宿にもいかないということなので、次回宮川選手を見るのは4月の大会になるはずです。私はこれはとても良い決断だと思っています。ゆかと跳馬が得意であるにも関わらず、試合の度に足首を痛め、思うように着地ができず、7月1日の全日本種目別では7位に終わってしまっています。根本的な治療とトレーニングの改善を行い、4月に向けて基礎からやり直していくことが求められます。体操協会から練習場所の斡旋などがあると望ましいのでしょう。今から来春の宮川選手の演技が楽しみになっているファンも少なくないと思います」とつづった。

最後に宮嶋氏は「この事件をきっかけに、みんなが一致団結して世界選手権でメダルを獲るという目標に向かい、東京オリンピックの団体出場権を獲得してほしいと思っています」と願った。

体操女子リオデジャネイロ五輪代表、宮川紗江(18)を巡る暴力&パワハラ問題で、宮川への暴力行為により日本体操協会から無期限の登録抹消処分を受けた速見佑斗元コーチ(34)が実際に平手打ちを行っている映像が6日のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)などで報じられた。


 

< 宮嶋泰子氏 塚原バッシングに「そろそろ目を覚ましませんか」>

3年前に撮影されたもので、直立不動の宮川に元コーチは片手をポケットに突っ込んだまま右手でほおをビンタし、次に左手でビンタ。宮川がよろけるほどの衝撃がある強烈なものだった。

体操取材歴40年で、テレビ朝日のスポーツコメンテーターを務める宮嶋泰子氏は6日に自身のフェイスブックを更新し、フジテレビの動画の記事をリンクする形で投稿。

「速見コーチが宮川選手を思いっきり殴る映像がTVで流れました。体が揺れるほどのひどさです。この状態でも『私はパワハラと思っていない』といった宮川選手や暴力を知りながら速見コーチを信頼しているという宮川さんのご両親に申し上げたい。夢をもってスポーツをする子供たちに、『こういう暴力がなければナショナル選手になれないんだ』という考えを容認せよということでしょうか」と、問いかけた。

男子体操のOBがテレビ内で、宮川がパワハラを告発している塚原夫妻の批判を繰り広げている点に「何も知らない体操OBのタレントが口から出まかせに『宮川さんと速見コーチを引き離すために仕組んだ陰謀説』を振りまいていましたが、とんでもない!ナショナルチーム内で起きる暴力の事実をどう処理したらよいかと塚原強化本部長は必死だったのです」と反論。

自身は早い段階から相談を受けて取材をしていたことを明かし、「いきさつも知らない体操OBのタレントやコメンテーターと称する人が勝手な思い込みによるコメントを垂れ流し、塚原千恵子強化本部長を攻撃するのにはあきれました」と断罪した。

同氏はここまで塚原氏側に立った視点で主張を展開。ネット上では“塚原派”と言われている。パワハラ疑惑で塚原夫妻への批判が強まっている状況の中、テレビ朝日にも同氏へのクレームが殺到しているようで「テレビ朝日にもたくさんのクレーム電話がかかってきているようです」と、説明。局内にも賛否両論があるようだが「今日、スポーツ局の若手に、『取材がしにくくなるので、追求をやめてほしい』と言われました。これにはあきれてものが言えません。私たちメディアの人間には、正しいことをきちんと伝える使命があるのです。暴力は誰が何と言おうとダメです。する側と受ける側がお互いに暴力を認め合う関係は異常です」と、主張した。

宮川と速見元コーチには「きちんとカウンセリングを受け、必要によっては精神科の治療を受けることも必要です。そこからしか再生は行われません」と勧め、塚原バッシングを繰り広げる人々には「テレビを見て、塚原バッシングをうのみにしていた方も、そろそろ目を覚ましませんか」と、呼びかけた。

-女子体操問題

執筆者:

関連記事

塚原千恵子のパワハラは初めてではない!過去にも問題になったことが…

女子体操の宮川紗江選手が体操協会によるパワハラを記者会見で暴露し、話題になっています。 これを受けて、森末慎二氏や池谷幸雄氏らの過去の体操界の有名選手も同時に口を開くことになってしまいました。    …

田中光が後任コーチに抜擢された。プロフィールと競技歴・指導歴は?

宮川紗江選手のパワハラ告発により、にわかに香ばしくなってきていた女子体操界のパワハラ問題。 最初は「黙っていないわよ」と息巻いていた塚原千恵子さんもトーンダウンし、最近では「体操が嫌になった」などと語 …

朝日生命体操クラブの指導法は?塚原千恵子氏の手腕・評判はどうなのか?

宮川紗江選手の告発にて、朝日生命クラブの塚原光男・千恵子夫妻のやり方のも批判が集まってきているようです。 ネットなどの情報によりますと、朝日生命のコールセンターに苦情・抗議の電話が600件近く寄せられ …

塚原千恵子が反撃開始!宮川紗江の記者会見に対して反論しパワハラを否定!

宮川紗江選手の記者会見にてにわかに香ばしくなってきた、女子体操のパワハラ問題。 宮川紗江選手のコーチである速見佑斗コーチの暴力問題としてかたづくところかと思っていたのですが、ここへきて大きな転機を迎え …

速見佑斗コーチの謝罪文が報じられた。速見佑斗の経歴や成績などは

宮川紗江選手 vs 塚原光男・千恵子夫妻のバトルに発展しつつある、日本体操協会の問題。 表舞台でけなげに躍動している宮川紗江選手がクローズアップされていますが、陰に隠れてしまっているのが速見佑斗コーチ …