最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

女子体操問題

宮川紗江選手は洗脳されているのか。パワハラ問題の真相はどうなっている。

投稿日:2018年8月29日 更新日:




女子体操の宮川紗江選手関連のパワハラ問題がクローズアップされています。

リオデジャネイロ・オリンピック代表の宮川紗江選手(18)のパワハラ問題が起きたのが、2018年の8月15日。

世界選手権の女子代表コーチである、速見佑斗コーチが女子選手に対する頭を叩いたり髪を引っ張ったりする暴力行為で告発を受けました。

報告を受けた日本体操協会が、速見コーチに聞き取り調査を行ったところ、速見コーチ自身が事実関係を認めたため、無期限の登録抹消処分にされたのでした。

これにて、速見コーチは日本体操協会主催の大会には参加できないほか、代表選手の活動拠点となるNTC(=ナショナルトレーニングセンター)への出入りも無期限停止となりました。

複数の証言によると、速見コーチの指導が熾烈を極め、宮川選手を1時間以上たたせて説教する、宮川選手の髪の毛を掴んで引きずり回す、馬乗りになって殴打するなどの行為もあったとのことです。

ところが、2018年8月29日に宮川選手が記者会見を行い、パワハラなのはむしろ日本体操協会のほうである、という趣旨の発言をし始めたのです。

実際は、どうなっているのか?真相に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

宮川紗江選手に対する暴力があったのか?

早速 8月29日の記者会見の様子の画像が入手されました。

この動画をみると、宮川紗江選手が速見コーチに手でたたかれたり、髪の毛を引っ張られたりしたことがあると認めてはいます。

ですが、叩かれたことでケガをしたこと、傷を負ったこと、体を痛めたことはないと主張しています。

その上、報道にあるような馬乗りになって殴打したこと、髪の毛を引っぱられて引きずり回されたことも一度もないと断言しています。

コーチも深く反省していることを、まるでコーチをサポートするかのような説明をしています。

この辺りが、速見コーチに洗脳されているのでは?という意見につながると思います。

そして、現在の状況についても説明しています。

宮川紗江選手は速見コーチが解任されて不調となっているらしい

宮川紗江選手の説明としては、コーチの解任とその報道で大きな痛手を被っているとのことです。

睡眠が十分とれず、頭痛も収まらないと説明しています。

毎日が不安で練習に集中できる状態ではなく、ケガの予防のために(体を慣らすだけ)という状況のようです。

日本代表として、世界選手権、全日本シニア選手権、日本代表合宿に参加する自信がなく、辞退するに至ったことも説明しています。

これまで、長く速見コーチとやってきているので、やはり速見コーチとやり直したい気持ちがあるようですね。

スポンサーリンク

宮川紗江は日本体操協会からのパワハラを告白

宮川紗江選手が、速見コーチをひたすら立てまくるだけなら、コーチと選手との絆は深いのだ、という単純な解釈も成り立ちます。

レスリングでパワハラ問題にて辞任せざるを得なかった栄和人コーチが居なくなった後、女子レスリングはアジア大会で金メダル0に終わったという話も出たばかりです。

ところが、そんな美談めいた話だけでは終わらないようなのですね。

日本体操協会の塚原千恵子女子強化部長が女子監督を務める『朝日生命女子体操クラブ』に加入させられそうになった話をしています。

宮川紗江選手は「自分で言うのも言いにくいのだが…」と前置きをして「自分が朝日生命に入れば(監督が手腕を評価されて)利益を得るのではないか?

自分を朝日生命に入れるには、速見コーチの存在が邪魔だということで、力が働いたのではないか?」と発言しています。

「女子強化本部長ということで、朝日生命の監督というのが、今回のことにつながっていると思う」

「暴力の件で引き離そうとしていると感じている」

「オリンピックに出られなくなるのよ、と言われ頭が真っ白になった」

「ここで従わなければいけないのかな?」

いろいろ悩んだ経緯を説明したのでした。

宮川紗江選手問題に対する、当サイトの見解を書かせていただきますと

長きにわたって、宮川紗江選手は速見コーチと、文字通り『二人三脚』で成長してきたと思います。

確かに、度を過ごした暴力などは、お世辞にも褒められたものではないと思います。

ですが、日本体操協会側としては、また別の思惑があったのではないかと思います。

「才能のある選手を、あんな実績のないコーチにやらせていたら、伸びるものも伸びなくなってしまう!」

宮川紗江選手があまりにも才能がある選手だけに、もっと上を見させられるのに、という思いがあったのではないでしょうか?

 

また、各スポーツ団体というのが案外、支配的・強制的な面があり「強化のために」という美名のもとに、選手の意向とズレた無理を強いることがあります。

マラソンの公務員ランナー 川内優輝選手に対して陸連の瀬古利彦氏がラブコールを送りますが「代表の合宿に来い!」と言われれば、公務員の仕事に支障をきたします。

(川内優輝選手は、現在は公務員を辞してプロ入りすることを表明していますが…)

この二人は長く不仲と言われ、現在でもあまり関係改善していない説がありますね。

宮川紗江選手についても、周囲がもっと理解してあげるべきところもあるように思います。

「物凄いわがままを通そうとしている」というわけではありませんので、18歳の女子選手にとっては、ちょっとかわいそうな気がいたします。

単なるパワハラ事件に終わらない、奥の深い事件のような気がしますが、読者はいかがお考えでしょうか?

< 宮川紗江選手の記事はこちらがわかりやすいです!>

塚原千恵子に対し体操界からも声が集まっている。宮川紗江選手頑張って!

⇒ 塚原千恵子が反撃開始!宮川紗江の記者会見に対して反論しパワハラを否定!

高須克弥氏の財政支援の数々。宮川紗江選手だけでない太っ腹の歴史は

⇒ 塚原千恵子のパワハラは初めてではない!過去にも問題になったことが…

⇒ 速見佑斗コーチの謝罪文が報じられた。速見佑斗の経歴や成績などは

スポンサーリンク

-女子体操問題

執筆者:

関連記事

塚原千恵子に対し体操界からも声が集まっている。宮川紗江選手頑張って!

宮川紗江選手が記者会見で語ったことで、塚原夫妻、とりわけ塚原千恵子氏に対する批判が強まっているようです。 『絶対に逆らえない女帝』とまで陰では言われ、批判を受けながらも 半ば強引に自分の考えを押し通し …

塚原千恵子のパワハラは初めてではない!過去にも問題になったことが…

女子体操の宮川紗江選手が体操協会によるパワハラを記者会見で暴露し、話題になっています。 これを受けて、森末慎二氏や池谷幸雄氏らの過去の体操界の有名選手も同時に口を開くことになってしまいました。    …

速見佑斗コーチの謝罪文が報じられた。速見佑斗の経歴や成績などは

宮川紗江選手 vs 塚原光男・千恵子夫妻のバトルに発展しつつある、日本体操協会の問題。 表舞台でけなげに躍動している宮川紗江選手がクローズアップされていますが、陰に隠れてしまっているのが速見佑斗コーチ …

宮嶋泰子が炎上!体操協会や塚原夫妻を援護するホントの理由とは?

宮川紗江選手が告発し、初めて明るみに出た感じのある『塚原夫妻 パワハラ問題』ですが、突然塚原夫妻が折れて謝罪する方向になりました。 ところが、宮川紗江選手がこの謝罪を拒否して、対決状態に入りました。 …

朝日生命体操クラブの引き抜きの実態は?宮川紗江の速見コーチが記者会見

塚原光男氏が「全部ウソ」といい、塚原千恵子氏が「言ったもん勝ち。黙ってないわよ」と言った、女子体操のパワハラ問題。 塚原夫妻が一転し、宮川紗江選手に謝罪をしたいと言い出す展開になりました。 (これは朝 …