最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

女子体操問題

田中光が後任コーチに抜擢された。プロフィールと競技歴・指導歴は?

投稿日:





宮川紗江選手のパワハラ告発により、にわかに香ばしくなってきていた女子体操界のパワハラ問題。

最初は「黙っていないわよ」と息巻いていた塚原千恵子さんもトーンダウンし、最近では「体操が嫌になった」などと語っておられます。

また、夫の塚原光男さんも「来年の6月の任期終了を機に、退任する」とワイドショーに生出演して明言するなど後任に道を譲る考えを示しています。

となると、誰が後を引き継ぐのか?少し心配になってきます。

塚原千恵子さんが「私達が辞めたら相当なことになる」とやや脅かし半分な発言をしていただけに、あとは大丈夫かと言うことになります。

塚原夫妻の息がかかった人物が選出されると、”院政”を敷かれてしまって、結局変わらなかったりしても困ります。

2018年10月の世界選手権が迫っており、現在の騒動の”塚原体制”のままでは継続困難と、日本体操協会も判断し、田中光さんを後任コーチとして抜擢したのだと思います。

ここでは、田中光さんのプロフィールや競技歴について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

田中光さんはアトランタ五輪代表選手だった

< 田中光さんのプロフィール >

生年月日:1972年7月19日

出身地:和歌山県

学歴:清風高校(大阪)⇒ 筑波大学 ⇒ 日体大大学院 その後、兵庫教育大学大学院

(兵庫教育大学より、学校教育学の博士号を取得)

現職:流通経済大学教授

国際大会の競技歴:アトランタオリンピック 男子総合19位

現住所:東京都

妻:宮田芳美(元エアロビック選手 2007年11月9日に結婚)

田中光さんですが、オリンピック出場歴は1回あるのですが、メダルや入賞という水準ではなかったようですね。

ですが、96年アトランタオリンピックにて平行棒のオリジナル技『TANAKA』(懸垂前振りひねり前方かかえ込み2回宙返り腕支持:F難度)を披露し、認定技となっています。

現在、吉本興業にも所属しており、タレント的な活動と並行して、洗足学園短期大学客員教授、流通経済大教授も務めています。

目下の研究テーマが、幼少児の教育や健康教育、介護予防などです。

この度の女子体操界パワハラ問題にて、上層部の改変を受けて、女子日本代表の指揮を委ねられました。

パワハラ問題の第三者委員会の調査終了が世界選手権(ドーハ)に間に合わないことから、田中光さんが職務一時停止になっている塚原夫妻の代役に抜擢されたのでした。

スポンサーリンク

田中光は国際舞台での指導歴があるのか?

田中光さんの、日本体操協会内での(競技歴以外の)活動歴や指導歴を調べました。

過去には広報委員長や女子強化本部員の職を歴任しており、2017年のユニバーシアード大会(台湾)で女子監督の経験があります。

田中光さんの最近の指導歴としては、2018年8月にジャカルタで行われたアジア大会では女子の監督に抜擢された実績があります。

田中光の責任が重大なわけは?

塚原夫妻が長くレジェンドとして君臨してきているので、後任を引き継ぐだけでもかなり重荷だとは思います。

また、それだけではなく、ドーハの世界選手権は東京オリンピックの出場権がかかっている重要な大会となっているのですね。

世界選手権の団体総合種目で3位以内に入れれば、2020年の東京オリンピックに出場が決まりますので、田中光さんの責任は重大と言うことになります。

先のアジア大会団体では、日本の女子団体チームは3位に入賞していますが、世界選手権となると、一段レベルが上がると考えるのが普通でしょう。

田中光さんの後任コーチとしての責任も大きく、期待も膨らみますが、騒動の影響を感じさせない采配で東京オリンピックの出場権を獲得してもらいたいものです。

2018年10月25日からの世界選手権を田中光監督の活躍を祈りつつ見守りましょう。

< 女子体操のパワハラ問題関連の記事はこちらがわかりやすいです!>

塚原千恵子に対し体操界からも声が集まっている。宮川紗江選手頑張って!

塚原千恵子が反撃開始!宮川紗江の記者会見に対して反論しパワハラを否定!

宮川紗江選手は洗脳されているのか。パワハラ問題の真相はどうなっている。

高須克弥氏の財政支援の数々。宮川紗江選手だけでない太っ腹の歴史は

塚原千恵子のパワハラは初めてではない!過去にも問題になったことが…

速見佑斗コーチの謝罪文が報じられた。速見佑斗の経歴や成績などは

スポンサーリンク

-女子体操問題

執筆者:

関連記事

朝日生命体操クラブの指導法は?塚原千恵子氏の手腕・評判はどうなのか?

宮川紗江選手の告発にて、朝日生命クラブの塚原光男・千恵子夫妻のやり方のも批判が集まってきているようです。 ネットなどの情報によりますと、朝日生命のコールセンターに苦情・抗議の電話が600件近く寄せられ …

速見佑斗コーチの謝罪文が報じられた。速見佑斗の経歴や成績などは

宮川紗江選手 vs 塚原光男・千恵子夫妻のバトルに発展しつつある、日本体操協会の問題。 表舞台でけなげに躍動している宮川紗江選手がクローズアップされていますが、陰に隠れてしまっているのが速見佑斗コーチ …

朝日生命体操クラブの引き抜きの実態は?宮川紗江の速見コーチが記者会見

塚原光男氏が「全部ウソ」といい、塚原千恵子氏が「言ったもん勝ち。黙ってないわよ」と言った、女子体操のパワハラ問題。 塚原夫妻が一転し、宮川紗江選手に謝罪をしたいと言い出す展開になりました。 (これは朝 …

塚原千恵子に対し体操界からも声が集まっている。宮川紗江選手頑張って!

宮川紗江選手が記者会見で語ったことで、塚原夫妻、とりわけ塚原千恵子氏に対する批判が強まっているようです。 『絶対に逆らえない女帝』とまで陰では言われ、批判を受けながらも 半ば強引に自分の考えを押し通し …

塚原千恵子のパワハラは初めてではない!過去にも問題になったことが…

女子体操の宮川紗江選手が体操協会によるパワハラを記者会見で暴露し、話題になっています。 これを受けて、森末慎二氏や池谷幸雄氏らの過去の体操界の有名選手も同時に口を開くことになってしまいました。    …