最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

東京医大裏口入学問題

東京医科大の裏口入学問題が発覚!文科省官僚が裏口入学に加担した衝撃は?

投稿日:2018年7月5日 更新日:

東京医科大学の裏口入学問題が、世間を騒がせています。

困ったことに、というか残念なことに、当事者が何と文部省の現役官僚ということで、話題も一段ヒートアップしている感じです。

この記事では、東京医科大学の裏口入学問題について、現時点で可能な限り書き、周辺に広がる波紋についてもレポートしたいと思います。

東京医科大学の入学試験が狙われた!

報道によりますと、裏口入学していたのは、文科省の文部科学省局長の佐野太氏(58)の息子のようです。

現在、佐野太氏の顔画像はネットで出回っていますが、息子の顔画像は出ていないようです。

大抵 裏口入学となりますと、ほとんどが現役合格であり、そのほかでは、多浪のため ゆく場を失った受験生が止む無く…というパターンもあります。

そういう前提を考えますと、佐野太氏の息子が現役である可能性も高く、未成年である可能性もあります。

これにて、画像流出がなかなか起きない、マスコミなども名誉棄損などの懸念があるため、手控えているなどの状況もあると思います。

スポンサーサイト

受託収賄の状況について

文部科学省は、いくつもの教育支援事業を行っています。

今回は、この支援事業が裏口入学のポイントになっています。

佐野太容疑者が文部科学省の支援事業の対象校とするよう、東京医大に計らってやることの見返りとして、東京医大に息子を合格させるという取引が行われたようなのです。

佐野太容疑者が、文部科学省官房長だった2017年の5月 東京医大の関係者から、東京医大が支援事業の対象校に選定されるなど便宜を図るよう依頼を受けました。

佐野容疑者が、便宜を図ったとされるのは『私立大学研究ブランディング事業』であり、私学の特徴的な研究を重点的にサポートする内容です。

平成30年度はおよそ56億円の予算を計上しており、補助額は1校あたり、年間2000万円から3000万円が支給され、最長期間として5年が設定されています。

平成29年度は、申請校は188校あり、東京医科大学は健康長寿社会の実現に向けた研究を申請し、60校が選定されています。

プロジェクトの事業選定を優先的にすすめる見返りに、2018年2月に施工された東京医大の入学試験にて 試験の点数を水増しして合格させるようにという『賄賂受託』行為があったというものです。

2018年7月4日に、東京地検特捜部により受託収賄容疑で逮捕されました。

東京医大側としては、一人の受験生をオマケ合格させることにより、場合によっては億単位の補助金などが受けられるとなれば「お安い御用」ということだったのでしょうか?

スポンサーサイト

渦中の佐野太氏はどんな人物なのか?

佐野太氏は、山梨県出身で昭和34年生まれの58歳。

早稲田大学大学院理工学研究科を狩猟後、昭和60年に旧科学技術庁に入庁しています。

原子力局政策課長補佐を経て、平成5年からアメリカのスタンフォード大学に留学します。

平成8年からは、在イギリス日本大使館の1等書記官も務めました。

その後、省庁再編があり、文科省開発局宇宙開発課長、高等教育局私学部参事官(私立学校法人担当)を歴任し、この辺りから私学経営との接点が見えてくる気がします。

平成20年4月から平成21年7月まで山梨大学の副学長も務めるなど、文科省関連各部署で長く、しかも多岐にわたり務めてきたのです。

平成28年6月から文部科学省の官房長となり、この時期に 今回の東京医大と事件が起きたと考えられます。

平成29年7月から、科学技術・学術政策局長に転身していました。

いや、これぐらいの短期間に、よくあれこれと仕事場が変わり、勤めてきたことにちょっと戸惑いすら感じますが…

文科省内では『将来の次官候補』と呼び名も高かったようです。

これらの報道を受けて、林芳正文科相は記者団の取材に対し「現職の職員が逮捕されたことは誠に遺憾であり、現時点では捜査に全面的に協力したい」とコメントしました。

東京医大とはどんな大学なのか?

こうして事件の流れを追っていると、やはり東京医大側から佐野太容疑者に話が持ち掛けられ、佐野容疑者がこれに応じた、という印象がぬぐえません。

では、東京医大とはどんな大学なのだろうか?という思いがこみ上げてきます。

東京医大は1916年(大正5年)に創立された、医学系の大学であり、医学科と看護科があります。

大学発表によりますと、2018年の実質競争倍率は16.5倍のであり、国立の難関大学の工学部に合格する水準の学力が必要とのことで、かなり狭き門ということのようです。

東京医大側の記者会見は7月4日時点では予定されておらず「操作への悪影響を予防するために、説明ができない状況である」ことが大学側から説明されています。

大学側・文科省側は逮捕報道でどう反応したか?

逮捕を受けて、東京医科大学の学生の1人は「3浪・4浪の末に入学している人もあり、頑張っている人が多いのに、こういうことで不名誉になることは実に腹立たしい。

早く事実関係を明らかにしてほしい」とインタビューに応じました。

また、文部科学省側にも衝撃が走りました。

「信じられない」「また文部科学省に泥を塗った」などの声が上がりました。

7月4日の夕方は、国会の対応にて多くの幹部職員が不在の中、若手の職員が対応に追われました。

平成29年に事務次官を含む40人以上が摘発された違法な天下りのあっせん事件もあったばかりであり、文科省は再建途上であったのです。

ですが、今回の事件にて、再び国民の信用を失う事態となってしまいました。

現在、官公庁の就職を目指す 就活中の大学生にとっては官庁訪問の時期に当たり、有能な大学生の就職希望先に影響が出るのではないか?との懸念の声もありました。

佐野太容疑者の息子はどうなるのか?

佐野容疑者の息子ということで 東京医科大学には、恐らく佐野君という在籍者がいるものだと思います。

本人が、点数の上乗せ問題を知っているか知らないかは別として、こういう状況でしたら、やはり在籍継続は困難ではないかと思います。

文科省に対し、プロジェクト校への選定依頼を持ちかけたのが東京医大側のようですから、さすがに東京医大より退学を促すことは出来ないと思います。

将来的には、佐野君本人の自主退学などの方向が考えられると思います。

私立医大となりますと、とかく裏口入学・裏金などの話が付きまといますが、今回はなんとその私学を統制する文科省の職員が絡むこととなり、事態はより深刻であると考えられます。

< 関連記事 >

東京医科大学の裏入学のリストが発覚!3ランクに分類されていた!
佐野太の息子だけではない!東京地検特捜部が裏口入学者リストを入手!
東京医科大学へ佐野太容疑者の息子が裏口入学か?顔画像や氏名は?
東京医科大の裏口入学問題が発覚!文科省官僚が裏口入学に加担した衝撃は?

スポンサーサイト

-東京医大裏口入学問題

執筆者:

関連記事

東京医科大学の裏入学のリストが発覚!3ランクに分類されていた!

東京医科大学と文科省元局長の汚職事件(受託収賄)が、熱い話題になっています。 ワイドショーも、週刊誌の後追い記事も、ドンドン白熱化の一途をたどっております。 そして、ここ1週間で取りざたされているのが …

東京医科大学へ佐野太容疑者の息子が裏口入学か?顔画像や氏名は?

文部科学省の官僚である、佐野太 元科学技術・学術政策局長が息子の裏口入学の見返りに 文科省の事業の指定大学に選定されるよう計らっていたことが判明しました。 東京医科大学の臼井正彦理事長(77)が、佐野 …

佐野太の息子だけではない!東京地検特捜部が裏口入学者リストを入手!

文部科学省の前局長 佐野太容疑者の受託収賄容疑でにわかに注目が集まっている東京医科大学。 2018年7月13日の報道各社によると、東京医大が過去に不正合格させた受験生の名前などを一覧にしたとみられるリ …

谷口浩司は会社役員?東京医療コンサルティングは政治家と繋がりあり?

文部科学省の汚職事件に関して、佐野太容疑者と東京医科大学との癒着問題がクローズアップされてきました。 そこへきて、今度は文科省の川端和明容疑者が逮捕されました。 川端和明容疑者が文科省の局長級幹部であ …

東京医科大学は佐野太前文科省局長の息子の点数を大幅に加算した?

東京医科大学の不正入試事件が話題になっていますが、不正の内容についても少し詳しくわかってきました。 この記事では、わかっている範囲で、不正のやり方について、書いてみたいと思います。 Contents1 …