最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

スポーツ

松島幸太朗の50m走のタイムは5秒8らしい!過去の伝説のランニングとは?

投稿日:2019年9月23日 更新日:




松島幸太朗選手の、試合中の胸のすくランニングを見ますと、さぞかし短距離走は早いのだろう!と思ってしまいます。

巨漢のディフェンス選手を巧みにかわして、ロングランを決める走力はただものではないと思います。

50m走のタイムや松島選手のランニングの秘密について調べて書いてみました!

⇒ ラグビーワールドカップのチケットをリセールで入手したい人はココをチェック!

スポンサーリンク

松島幸太朗選手の50m走は5秒8らしい!

調べてみますと、テレビ番組で50mは5秒8である、という内容だったようですね。

と、なりますと…

ネット検索しますと、50m走のタイムから100m走のタイムを換算するチャートが出てきました。

これで、50mが5秒8のところを見ますと…10秒6~10秒7辺りではないかということになりますね。

ただし、これは厳密な電気計時でのものらしくて、手動ですともう少し遅い可能性があるようです。

野球選手などもよく「50mが5秒台!」などと記載されていますが、大抵 手動で計測されています。

※手動計測は、+0.2秒 ~ +0.3秒ということですから、それでも100m走に換算すれば、10秒8から11秒フラットくらいになるでしょう。

これは、恐らく陸上競技のインターハイの地区予選の優勝タイムに近いものですので、きちんとトレーニングしたらもっともっと早くなる可能性を秘めています。

また、試合中は静止から走り出すわけではなく少し走りながら(つまり助走をつけてスタートしますので)トップスピードに達するのも早くなります。

ということで、相手選手からみれば相当な速度、タックルしようにも「置いて行かれる」レベルだと思いますね。

ちょっと心配なのは、ウイングなどのポジションは、相手のディフェンスから「とにかく倒せ!」ということでハードなタックルが待っていると思います。

松島選手も、その辺は心得ているとは思うのですが、とにかくケガだけには気を付けて、相手ディフェンス陣を翻弄してもらいたいものですね。

スポンサーリンク

松島幸太郎の伝説のスーパーランニングとは?

ワールドカップ2019年東京大会でも、ちょっと暴走気味?!なぐらいの松島幸太朗選手のランニングで感動している人も多いと思います。

ラグビーに出会ったのは中学校の時代だったようですが、高校はラグビーの名門校である桐蔭学園に進みます。

その頃から、瞬足は際立っていたのですが高校ラグビーの聖地・花園ラグビー場で高3の時に100メートルを独走してトライを挙げる快挙を成し遂げました。

松島選手の活躍もあって、桐蔭学園は全国制覇を果たします!)

インタビューに答えて松島選手本人は、走っているときのイメージを「前へ前へと進めている感じ」とやや照れるように説明するようです。

ですが、加速を受けてトップスピードに乗っているときは、もうディフェンダーは誰も追いつけない感じ。

恐らく、走り出しの頃から相手を振り切るイメージができていて、そのイメージの上を走っているフィーリングではないかと思います。

相手を巻いた瞬間から全力疾走に入るまでの時間がとにかく短い!

人が手を出せないエリアがあらかじめ見えている感じで走っていきますので、松島選手がボールを持って走り出すと観戦しているほうも何だか安心感を持ってしまいます。

記者に聞かれると「世界レベルの大会で、もう一度あれがやれたら凄いですね」とややハニカミながら語る松島選手のギャップに、かえって凄みを感じてしまうわけですね。

松島幸太朗選手は高校卒業後に南アフリカにわたってスーパーラグビーのシャークスの育成機関でスピードとステップワークを磨きます。

チームメイトに言わせれば、文字通り「目の前から消える!」感じで、置いて行かれるのだそうですね。

素早いステップで、相手を引き離し、すぐさまトップスピードに乗る『松島スタイル』が洗練されていったのだと思います。

2013年からは、日本のラグビートップリーグのサントリーサンゴリスに入団して現在に至ります。

2015年のワールドカップイングランド大会では、スポーツ史上最大の番狂わせとまで言われた南アフリカ戦で逆転勝利に貢献します。。

そして、2019年のワールドカップ東京大会でも、相手チームがわかっていても防げない、攻撃の切り札となって活躍しています。

とにかく、けが無くがんばって、見せ場をたくさん作ってもらいたいものですね。

—————————————————-
この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです!
スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:

関連記事

大坂なおみはハーフで母は根室出身。両親と国籍選択の問題は?

大坂なおみ選手が2018年のグランドスラムの一つ、全米オープンで決勝に勝ち上がりました。 “大阪”なおみ選手と思っている人も多いようですが、正しくは”大坂&#822 …

サニブラウンが9秒台に突入!100mで日本人2人目の快挙で追い風は?

前日の世界リレーで思わぬバドンミスで失格した日本チームですが、海外から速報が飛び込んできました。 追い風参考ながら、ついに10秒を切る好タイムで優勝を果たします。 詳しく書いてみました! ⇒ 女子駅伝 …

ウサインボルトはサッカーがうまいのか。プロデビュー戦での現地の評判は。

“人類最速男”の名を欲しいままに引退したウサイン・ボルトが引退後に掲げていたプロサッカー選手への道。 そのボルト選手が、2018年8月31日にオーストラリアのプロチームでついに …

須藤弥勒の父の経歴は東京大学卒の仏教の専門家!ゴルフ歴やコーチ歴は?

天才ゴルフ少女として有名になりつつある須藤弥勒(すとうみろく)さんの御父さんも注目を浴びつつあります。 2歳の頃から英才教育を施して、3歳で世界ジュニア選手権で優勝するなど、卓越した成績を残している須 …

相撲力士のケガが増えた理由は?疲弊大きくケガが長引く負傷休場の原因は?

稀勢の里の引退に伴い、横綱が白鵬・鶴竜の二人となり、寂しくなってきた大相撲界。 日馬富士の引退は、思わぬトラブルとしても、稀勢の里は大きなケガにより、それまでの相撲が取れなくなったことが理由ともいわれ …