最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

スポーツ

サニブラウンが9秒台に突入!100mで日本人2人目の快挙で追い風は?

投稿日:2019年5月12日 更新日:





前日の世界リレーで思わぬバドンミスで失格した日本チームですが、海外から速報が飛び込んできました。

追い風参考ながら、ついに10秒を切る好タイムで優勝を果たします。

詳しく書いてみました!

女子駅伝の有名校のうち17校が鉄剤使用を暴露!学校名や病院名も明らかになるか!

スポンサーリンク

サニブラウンは追い風1.8mの中 9秒台を記録!

追い風1.8メートルの好条件のもと、9.99を記録しました。

日本記録は、2017年9月9日に桐生祥秀選手が福井で達成した9.98(この時も、奇しくも追い風1.8m!)ですが、東京オリンピックに向けて熾烈なタイム競争が始まった感じでしょうか?

リレーに出場していたメンバーもうかうかしてはいられない感じかもしれません。

スポンサーリンク

追い風をうまく受けてサニブラウンを追う1番手はだれかというと….

日本記録の上位をみますとベストテンのかなりが追い風を利しての記録となります。

現在のトップテンの中をみますと、ほとんどが1m以上2m未満の追い風を受けての記録となります。

2017年の9月24日の時点で、トップテンの中でもっとも追い風が少なかったのがサニブラウン選手です。

今回、追い風をうまく受けて9秒台ということとなりますと、コンディションが良ければ、次は山縣選手の番ではないか?

そんな想像が出てきますね。

(データをみますと、もっとも追い風に恵まれていないのが山縣亮太選手のように見えますね)

条件次第では、すでに9秒台を出す力があるように思います。

とにかく怪我なく頑張ってほしいものです!

< この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです! >

スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:

関連記事

佐々木朗希の家族構成(親・兄弟)を調査!震災での壮絶経験が衝撃!

大谷翔平選手を超える岩手県の逸材と言われている佐々木朗希選手ですが、東北大震災の被災者でもあったのです。 ご家族の様子を交えて、詳しく情報を整理してみました。 ⇒ 佐々木朗希投手を監督が登板させないも …

ウサインボルトはサッカーがうまいのか。プロデビュー戦での現地の評判は。

“人類最速男”の名を欲しいままに引退したウサイン・ボルトが引退後に掲げていたプロサッカー選手への道。 そのボルト選手が、2018年8月31日にオーストラリアのプロチームでついに …

井上大仁の高校・大学や自己ベスト記録は?シューズと身長・体重やマラソン歴も徹底調査!

井上大仁(ひろと)選手がMGC出場で注目されています。 自己記録も2時間6分台を持ち、優勝してオリンピックに臨んでも不思議はありません。 井上選手の、出身高校・大学や自己ベスト記録、使用シューズやサイ …

箱根駅伝で低体温症を予防するには天候!ウェザーニュースが情報提供へ!

突然ランナーが歩き出し、チームにとっては痛恨の『ブレーキ』となる『低体温症』が心配な季節となりました。 各大学も細心の注意を払って努力している低体温症だと思いますが、特に往路の5区では壮絶な状況の選手 …

全英女子オープンゴルフの日本人優勝者は?メジャー優勝者と過去の優勝者は?

渋野日向子選手が全英女子オープンゴルフで優勝しました。 42年ぶりの快挙でしたが、日本人のメジャー制覇は男女を通じて史上2人目になります。 では、42年前のメジャー優勝者の選手は誰なのか? また、過去 …