最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

スポーツ

ラグビー日本代表の海外での評価は?アイルランド戦のメディアの反応は?

投稿日:




ラグビーワールドカップ2019東京大会が、存外の盛り上がりを見せていますが、その理由の一つはやはり時刻が大活躍しているところ。

ホームアドバンテージもさることながら、優勝候補とまで言われていたランキングトップ3のアイルランドを撃破したこともその要因でしょう。

ラグビー日本代表の海外メディアの評価を書いてみました。

スポンサーリンク

海外メディアの報道の内容はやはり驚愕の声!

やはり、これまでの実績とアイルランドの評価を考えて”unbelievable!” (信じられない)の声が多かったようです!

ダイジェスト動画がこちら↓

ラグビー日本代表の大金星は、前回のワールドカップ2015イングランド大会の南アフリカ戦(当時 南アフリカは世界ランキング3位)に続くものですね。

ですが、今回のアイルランド戦(アイルランドは世界ランキング2位)を経て、海外のファンからは惜しみない賛辞が送られているようです。

「なんて結末だ!」

ラグビー日本代表は、もう本物だ!」

海外でも、判官びいきというか、弱者が強者を倒す番狂わせ(=ジャイアントキリング)が好きなファンも多くいるようです。

「まさか、アイルランドを倒すとは!」

「アイルランドは実力を発揮できなかった。日本チームのマネジメント力と決断力の勝利」

日本代表には、まぎれもなく正当な攻撃力があった」

アイルランドのサポーターからは、かなり落胆の報道がなされているようですが、アイルランドのファンからも多くの賞賛が送られているようです。

「両チームの健闘に賛辞を贈りたい。そしてアイルランドよりラグビー日本代表に多大な敬意を!」

(↑アイルランドからのサポーターもずいぶん来ていたのですね)

このあたりはやはり、ラグビーが紳士のスポーツであるということなのかもしれませんね。

アイルランドチームには、不慣れな日本の高湿度が不利に働いた、という報道もありました。

試合直後のツイッターの、世界レンジのトレンドでは、日本-アイルランド戦に関連するワードが上位を独占していたようです。

国内より、海外での評価が高かったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

アイルランドはキャプテンをケガで欠いていた

アイルランドは、ケガなどの理由でスタンドオフで司令塔のジョニー・セクストン選手が欠場していました。

ジョニー・セクストン選手は昨年のワールドラグビーの年間最優秀選手に選出された『ミスター・ラグビー』みたいな大選手なのですが、報道によると大腿四頭筋を痛めて日本戦を休むことに。

格下の日本を決して甘く見ていたのではなかったようですが、初戦のスコットランド戦が快勝ながら、その代償も大きかったとみられます。

代わりに、今年代表デビューしたジャック・カーティー選手が背番号10をつけることになりました。

そんなこともあり、ベストメンバーだったスコットランド戦から主力選手を中心に4人が入れ替わることになりました。

このあたりの『経験不足』な感じも、ラグビー日本代表には幸いしたのかもしれませんね。

ラグビー日本代表2019 選手のツイッター一覧はこちら!

—————————————————-
この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです!
スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:

関連記事

錦織圭選手の全米オープン20183回戦動画と4回戦の対戦相手は?

錦織圭選手が好調のようで、全米オープンの3回戦を突破しました。 対戦相手は、ディエゴ・シュワルツマン(26歳 ランキング13位)でした。 ランキング19位の錦織選手は、2セット選手するも、第3セットを …

全英女子オープンゴルフの日本人優勝者は?メジャー優勝者と過去の優勝者は?

渋野日向子選手が全英女子オープンゴルフで優勝しました。 42年ぶりの快挙でしたが、日本人のメジャー制覇は男女を通じて史上2人目になります。 では、42年前のメジャー優勝者の選手は誰なのか? また、過去 …

サニブラウンが9秒台に突入!100mで日本人2人目の快挙で追い風は?

前日の世界リレーで思わぬバドンミスで失格した日本チームですが、海外から速報が飛び込んできました。 追い風参考ながら、ついに10秒を切る好タイムで優勝を果たします。 詳しく書いてみました! ⇒ 女子駅伝 …

大坂なおみはハーフで母は根室出身。両親と国籍選択の問題は?

大坂なおみ選手が2018年のグランドスラムの一つ、全米オープンで決勝に勝ち上がりました。 “大阪”なおみ選手と思っている人も多いようですが、正しくは”大坂&#822 …

箱根駅伝で低体温症を予防するには天候!ウェザーニュースが情報提供へ!

突然ランナーが歩き出し、チームにとっては痛恨の『ブレーキ』となる『低体温症』が心配な季節となりました。 各大学も細心の注意を払って努力している低体温症だと思いますが、特に往路の5区では壮絶な状況の選手 …