最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

井上尚弥

【動画】井上尚弥がロドリゲスを撃破!WBSS決勝の相手ノニト・ドネアとは?

投稿日:2019年5月20日 更新日:




毎回、衝撃のラストシーンを提供してきている井上尚弥選手。

ボクサーと言えば、いつの日か倒される、無敗ではいられない宿命を負うものと考えられますが、井上尚弥だけはこれに当てはまらない?

今回のショッキングな動画でTKOシーンを振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

井上尚弥が無敗のロドリゲスを2R TKOで撃破する動画は!

上のダイジェスト動画がすべてを物語っていると思います。
(動画の最後に、次戦の相手となる ノニト・ドネア選手のコメントがあります)

とにかく、衝撃的なのは2Rに入ってからですね。

井上尚弥選手が、少しギヤを上げてロドリゲス選手にラッシュすると、たちまちノックダウンを奪ってしまいます!

(井上尚弥選手の談話ですが…)

– KOに2Rかかった感じですが…

「やっぱり、そういう見方になりますか(笑)。

ここ(=グラスゴー)の環境になれるまで、少しは力みがありましたが、2Rではそこが修正できて、ロドリゲスに反応するように仕掛けました」

2Rからは、修正ができたので思うような展開になれました」

「1Rから、左フックと右ストレートが当たれば倒せるな、という感触がありまして、2Rではそれがヒットした感じですね」

「決勝では尊敬するノニト・ドネア選手(フィリピン)との対戦で、とてもうれしい。1から準備しなおしてゆきたい!」

スポンサーリンク

ロドリゲス選手が試合後に井上尚弥について語ったことは…

ここまで、プロ19戦で無敗を通してきたロドリゲス選手ですが、とにかく動画内で見るようにセコンドに対して早々と「もう無理だ」という視線を送ります。

とにかく、最初のアッパー気味に入った最初のノックアウトパンチが、もう客目線でも見えないわけですから…

ロドリゲス選手の試合後のコメント

「イノウエのパンチはホントに見えなかった」

「あんな強いやつがいるなんて…」

今まで無敗できて、これからと言われていただけに、試合後はかなり落ち込んでいたようですね。

WBSSの決勝で井上尚弥の対戦相手になるノニト・ドネアとは?

次戦、WBSSの決勝の相手となった ノニト・ドネア選手は大の親日家とのことで、気になりますね。

ドネア選手は 軽量級ながら、ハードパンチを繰り出しKO狙いのため、手数が少ないボクシングになることがあるようです。

ノニト選手は KO率は、あまり高くないのですが、『フィリピンの閃光』と呼ばれ、入場時は感じで『閃光』と書いたハチマキを巻いて登場するほどの日本好きのようです。

日本のマンガ・アニメ動画にも詳しく現在連載中の『はじめの一歩』を愛読しており、最新話を友人に英訳して送ってもらって読んでいるとの情報もあります。

『はじめの一歩』の主人公 幕之内一歩の得意技 デンプシー・ロールをノニト選手なりに改良した『フラッシュ・ステップ』と名付けるなど、大変なファンのようですね。

しかも!『はじめの一歩』の作者の森川ジョージとの対談も実現しており、記念写真も自身のTwitter、Facebookに掲載したほどのようですね。

井上尚弥選手とノニト選手との対戦がとても楽しみです!!!

—————————————————-
この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです!

井上尚弥の米国での試合がヤバい!動画やテレビ放送 ファイトマネーなど

スポンサーリンク

-井上尚弥

執筆者:

関連記事

井上尚弥の米国での試合がヤバい!動画やテレビ放送 ファイトマネーなど

井上尚弥と言えば、ボクシング界の新たなレジェンドとなりそうなスター候補ですね。 過去の壮絶なノックアウトシーンを見た、相手のセコンドが試合後に手に巻いた包帯や試合で使われたグローブを確認に来たほどだっ …