最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

スポーツ

ミズノとアシックスが厚底シューズを発表!ナイキ追撃の新製品とは?

投稿日:




ナイキのヴェイパーフライシリーズが長距離路線を席巻しているのですが、国内大手メーカーのミズノとアシックスも負けてはいられません!

トップクラスの選手を総取りされてはたまりませんから当然、追撃商品を登場させるのですね。

現時点で分かっているミズノとアシックスの商品を調べてみました。

スポンサーリンク

ミズノの厚底シューズはWAVE SKY3シリーズの延長か?

箱根駅伝の最終10区で区間賞を獲得したのが、ミズノの厚底シューズのプロトタイプだったのですね。

まだテストタイプであり、ロゴのない白いシューズであり、創価大の嶋津雄大選手が使っていて話題になりました。

画像をよく見ると、白地に白でミズノのロゴが見えますね!

現在市場に出回っているミズノ製はWAVE SKY3シリーズとなります。

価格帯は1万5千円水準であり、一般ランナーでもちょっと頑張れば手が届く水準となっています。

WAVE SKY3の特徴は?

① FOAM WAVE で柔らかい接地感を追求!

ミズノの独自開発となる、ミズノウエーブをソールに採用しています。

クッション性と安定性は両立が難しく、片方を立てると片方が経たず、という開発者泣かせの部分でもあります。

ミズノはソール部分に硬度の異なる素材を配して、両者の『良いとこ取り』を目指した形ですね。

② 中足部からヒールにかけてXPOPを採用して”着地感”を追求!

新素材XPOPを中足~ヒールにかけて採用し、”沈み込みが柔らかで、跳ね返る”感覚を実現しました。

問い合わせ先は

⇒ ミズノお客様相談センター TEL: 0120-320-799

スポンサーリンク

アシックスの厚底シューズはメタレーサーシリーズの延長か?

2020年のニューイヤー駅伝では、長くアシックスとサポート契約をしている旭化成の井上大仁選手が猛チャージ!

アシックスの厚底シューズのプロトタイプを使用して区間賞の力走を見せました。

ジャカルタのアジア大会で金メダルを獲得し、暑い東京オリンピックの会場なら実力が発揮される!と期待が大きかった選手になります。

今後、ナイキのヴェイパーフライシリーズが禁止となると、井上大仁選手にはかなりの追い風となる可能性が高いですね。

アシックスの採用するメタレーサーシリーズはもともとは初心者ランナー向けに採用されています。

『ウルトラマラソン向き』という市場の評判は、着地を良くして負担を軽くする方向性が評価されているものと見えます。

メタレーサーの特徴は、つま先が大きくせり上がり、曲がりにくい構造をとり、重心が前に移動しやすい工夫がなされています。

ここが、軽量の反発プレートを挿入してあるナイキのヴェイパーフライシリーズとの大きな違いですね。

足首をあまり動かさず、転がるような感覚で前進が可能ということです。

問い合わせ先は

⇒ アシックスお客様相談センター TEL: 0120-068-806

スポンサーリンク

 まとめ

ナイキのヴェイパーフライシリーズの優秀さは既に折り紙付きであり、箱根駅伝でも使用率が41.3%から84.3%と大幅にアップ!

何しろ2020年の箱根駅伝の区間賞のうち9人がナイキ製品を使用していた経緯もあります。

ニューヨークタイムズによると、ヴェイパーフライモデルは平均的に4~5%のパフォーマンス向上をもたらしているとのことです。

そして、初心者や遅いランナーは平均6%と成績向上率が高く、エリートランナーより一般ランナーへの成績向上が多いようです。

2020年1月16日に、世界陸上競技連盟がこのシューズを禁止するうわさが報道された影響はライバル各社にも及んでいるようです。

例えば、一部のライバル会社の株価が上昇する現象が起きる(1月16日にアシックスとミズノの東証株価が一時的に上昇!)現象が観測されました。

ドイツのフランクフルト証券取引所ではプーマやアディダスの株価が急伸したりもしています。

厚底シューズの覇権争いは、社会現象化している感じもあります。

—————————————————-
この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです!

スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:

関連記事

井上大仁の高校・大学や自己ベスト記録は?シューズと身長・体重やマラソン歴も徹底調査!

井上大仁(ひろと)選手がMGC出場で注目されています。 自己記録も2時間6分台を持ち、優勝してオリンピックに臨んでも不思議はありません。 井上選手の、出身高校・大学や自己ベスト記録、使用シューズやサイ …

ウサインボルトはサッカーがうまいのか。プロデビュー戦での現地の評判は。

“人類最速男”の名を欲しいままに引退したウサイン・ボルトが引退後に掲げていたプロサッカー選手への道。 そのボルト選手が、2018年8月31日にオーストラリアのプロチームでついに …

中田ジャパンが躍動!スタッフの外国人のコーチについて調べてみた

9月8日にバレーボール ワールドグランドチャンピオンズ杯女子大会8日目が愛知の日本ガイシホールで行われました。 中田久美監督が率いる女子日本チーム(火の鳥NIPPON)はブラジル代表と対戦しました。 …

渡辺正昭監督がパワハラで自宅待機。豊川工業時代も体罰で停職4か月に

今度は駅伝か!って感じですね。 今年は、パワハラの当たり年と言えば不謹慎ということになってしまいそうですが、それにしてもまたゾロの感じです。 話は日本体育大学の駅伝部の話になります。 日体大の陸上部駅 …

MGCの有力選手と見どころや作戦は?大迫傑・設楽悠太・服部勇馬・井上大仁が四強か?

東京オリンピックを控えて代表選考会が徐々にヒートアップしてまいりました! オリンピックの花と目される男女マラソンの選考会は過去にも紆余曲折がありましたが今回は一大イベントとなっています。 その名もMG …