最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

高校野球

星稜高校と習志野高校の相互の言い分は?サイン盗み(伝達)の実態はどうだったのか?

投稿日:2019年3月29日 更新日:




センバツ高校野球2019年は何かと話題の多い大会になっています。

星稜高校と習志野高校の2回戦については、試合後に星稜高校の林和成監督(43)が習志野高校の小林徹監督(56)の控室に乗り込むなど波乱の展開に!

この話題について、相互の言い分なども詳しく書いてみたいと思います。

横浜高校の握手拒否の理由は?黒幕は『高校野球の父』だった!

スポンサーリンク

サイン盗み・伝達疑惑で星稜 林和成監督が習志野 小林徹監督の控室に直接乗り込むことに

試合後に、星稜の林和成監督がインタビュー(いわゆる『お立ち台』)にて習志野高校のサイン盗みについて批判する発言をしました。

その後に、林監督が習志野高校の小林監督の控室に直接乗り込んで抗議をすることに。

そして、その場で習志野高校のサイン盗みを指摘すると小林徹監督は「星稜さんもやってるでしょう」と言われたことを明かしています。

(まあこれが本当なら、習志野高校は自身のサイン盗みを認めたようなことになってしまいますが…)

この日は、監督同士の直接対決のような形でいったん終わったようでした。

星稜 林和成監督はサイン盗み(伝達)の抗議の翌日 高野連に対して反省・謝罪

明けて3月29日に星稜の林監督は、日本高野連に対して謝罪の電話を入れます。

「自身の行き過ぎた言動で、皆様に多大な迷惑をかけたことを反省して謝罪したい」

「習志野高校の1回戦の日章学園戦のビデオが収録されているので、高野連から求めがあれば提出する」

「試合については、負けたことがすべてなので、没収試合を求めたり、負けた原因をサイン盗みのせいにしようとしているわけではない。

そこだけは、勘違いしないでいただきたい」

この発言からすると、習志野高校の一回戦(日章学園戦)でもサイン盗みの疑惑があり、その状況が録画されているとの様子ですね。

かなり、自信の抗議ということのようですので、この後の展開が注目されます。

スポンサーリンク

習志野高校の小林徹監督もサイン盗み(伝達)疑惑でインタビューに応えている

ここまで騒動となれば、スポーツ新聞各紙は取材を進めていかざるを得ません。

2回戦も勝利した習志野高校の小林徹監督は西宮市内での練習終了後に、報道陣の取材に応じました。

そこで改めて、サイン盗みの事実はないと断言します。

4回の審判団の協議もどういう状況なのか、全くわからないまま試合が続行されたというのが実情である、と説明しました。

サイン盗み』と言われていることがあれば、審判から何らかの注意があったと思うが、特に何の指示もなかった、とのことです。

審判団が特に注意をするでもなく試合を続行したため、深く考えることなく試合で勝つための方針に終始した、というコメントでした。

また、星稜高校の林和成監督が試合後に控室に来たことに対しても「正直言って、控室においでになって、我々としてはどういう状況なのか全くわからない」と困惑を見せました。

「控室では、なんについてのクレームかわからない状況だったので、細かく話をする余裕がなく、お話を(受け身で)聞いている状況でした」

また、報道陣から具体的に『サイン盗み』の事実があったかと聞かれたのに対しては、

「我々としては、当然なかった。事実はないです」とキッパリと返答しています。

取材陣がいる中で、突然 控室に入ってきたとのことで「おいおい、という感じ」。

指導としても「『サイン盗み』はするなと指導している」といい、「素で勝負しようなと練習しています」と強調していました。

サイン盗み疑惑・伝達行為について高野連も記者会見で対応した

事態を受けて、窪田信販副委員長若林審判幹事が記者会見を行いました。

「(4回の審判の協議については)星稜高校のキャッチャーから、サイン盗みがあるとアピールがあったので、審判4人で集まって協議した」

また「球審からは、習志野ベンチからサイン盗みを疑われる何かしらのしぐさがあったと報告があったが、4回に審判が集まった時点では『サイン盗みがあった』と判断するに至らなかった。

これを(星稜の)キャッチャーにも伝え、また走者には 紛らわしいしぐさはしないようにと伝えた」

加えて「星稜高校の林和成監督が試合前に疑惑を伝えていたことについては『試合前に(審判団とチームが)接触するということはない』」と説明しました。

「今後、検証する可能性は現段階ではない。異議申し立ても、過去には例がない」との説明でした。

スポンサーリンク

『サイン盗み(伝達)』の真偽について、この後の展開は?

どうやら、1回戦のころから、習志野高校の『サイン盗み』に対し、星稜高校の林監督は疑惑を持っていたようで、その録画も持っているようです。

この後、高野連が何の行動も起こさなかった場合、それらの動画がYouTube などの動画サイトに投稿され、検証されたりする可能性があると思います。

いずれにしろ、三回戦以降の習志野高校のランナーの行動にはかなり細かい観察が加えられる可能性が高いです。

< この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです! >

スポンサーリンク

-高校野球

執筆者:

関連記事

佐々木朗希投手を監督が登板させない理由は?誤表示と言われる球速と海外の反応は?

佐々木朗希投手について、他県の有力校はひたすら練習試合を申し込んでいるようですね。 過去に怪物と言われた江川卓投手などがそうだったように、恰好の練習相手と思われているようです。 大船渡高校の監督 國保 …

高校野球で女子禁止の事件が勃発?!高野連がルール違反と判じた試合は?

審判団も困惑の事件が2018年に起きました。 高校野球に限らずですが、スポーツの現場においては、とかく思わぬ事件が起きるものです。 過去にも、女子マネージャーが練習に参加しても良いのか? 安全性などの …

横浜高校の握手拒否の理由は?黒幕は『高校野球の父』だった!

ネットで大騒動になっている、横浜高校の『握手拒否』騒動! 「なんで握手を拒否したのか!?」 「負けたから、握手しなかったんじゃないのか!?」 その理由については、さまざまな憶測が飛んでおりますが、聞い …

佐々木朗希の家族構成(親・兄弟)を調査!震災での壮絶経験が衝撃!

大谷翔平選手を超える岩手県の逸材と言われている佐々木朗希選手ですが、東北大震災の被災者でもあったのです。 ご家族の様子を交えて、詳しく情報を整理してみました。 ⇒ 佐々木朗希投手を監督が登板させないも …

センバツ高校野球2019で問題のサイン盗みとは!疑惑の2試合を振り返る。

2019年3月29日のセンバツ高校野球大会にて、複数のサイン盗み疑惑が発覚し、審判が試合を止めて選手に注意に向かうことに。 3月29日の習志野-星稜選は、今大会屈指の好投手と騒がれている星稜 奥川恭伸 …