最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

スポーツ

掛布雅之が監督にならない理由は?多額の借金や逮捕歴が問題か?

投稿日:2019年9月3日 更新日:




掛布雅之さんがSEA(阪神タイガース オーナー付きシニア・エグゼクティブ・アドバイザー)を2019年限りで解任され、阪神を退団することが9月1日発表になりました。

それにしても、ミスタータイガースで、本塁打王3回、打点王1回の人気選手が、引退後は なぜ監督にならなかったのか?

詳しく書いてみました。

⇒ 高橋由伸監督の美人の嫁と娘について。長女が監督そっくり!

スポンサーリンク

掛布雅之の現役時代の”逮捕歴”が一番のネックになっていた

気の毒ですが、なかなか逮捕歴は 経歴上あるものではありません。

1987年シーズンは、開幕前から飲酒運転で逮捕されるなど野球以外での問題が噴出してしまいました。

前年の1986年にデッドボールで手を骨折し、連続試合出場記録も663試合で途切れることに。

そして復帰したシーズンの後半に、またもデッドボールで骨折して戦列離脱を余儀なくされました。

翌1987年シーズンが始まる前には飲酒運転で逮捕されることとなり、これに久万オーナー(当時)は激怒したと言います。

「阪神の4番打者は欠陥品で、野球選手以前に人間として失格。自分の目が黒いうちは絶対監督にはさせない!」

そんなことを周囲に公言していたと言います。

掛布雅之さんとしては、度重なるデッドボールと骨折で、かなり参っておられたのかもしれません。

翌1988年に、33歳の若さで引退宣言をしてしまいます。

しかし、その後にも不運なことが重なっていったのでした。

スポンサーリンク

掛布雅之が破産の危機に追い込まれていた

2009年の記事をさかのぼりますと、掛布雅之さんが経営に参与している2つの会社に借金の肩代わりをさせられたとして、大阪のコンサル会社がその支払いを求める訴訟を起こします。

大阪地裁は、掛布さん側に全額の支払いを命じる判決を出し、金銭的に窮地に追いやられてしまいます。

33歳で引退した掛布雅之さんは、飲食店(お好み焼き店 ほっとこーなー)をはじめとする居酒屋など、またスポーツカジュアルの販売などを手掛けていました。

ですが、これらが業績不振にて多額の負債を背負い込むことになります。

2010年には大阪府豊中市にある自宅も競売にかけられ、2011年には自宅を売却されます。

また、掛布さんの関わっていた『掛布企画』が2回目の手形不渡りを出したため、銀行取引を停止されることに。

負債総額4億円ということで、自己破産しなければ、今後の返済がかなり大変という状況に追い込まれていました。

野球解説については、敢えて巨人関連の日本テレビ系に所属していました。

これはファンからすれば『裏切り行為』ということだったのかもしれませんが「野球を知るには、巨人を知らなくては」という説明だったようです。

ですが、やはり読売系は金払いが良くて、そのために敢えて日テレ系の野球解説者になってしまっていたのでは?などと邪推されているようです。

その、日本テレビ(推定ながら年間4000万円)と読売テレビ(こちらも800万円)の契約も2009年に突然契約解除されてしまいます。

こんな感じで、野球以外の問題でどんどん球界からの距離が遠くなっていってしまったことが、掛布雅之さんが 人気があるのに監督になれなかった理由とされています。

この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです!

スポンサーリンク

-スポーツ

執筆者:

関連記事

井上大仁の高校・大学や自己ベスト記録は?シューズと身長・体重やマラソン歴も徹底調査!

井上大仁(ひろと)選手がMGC出場で注目されています。 自己記録も2時間6分台を持ち、優勝してオリンピックに臨んでも不思議はありません。 井上選手の、出身高校・大学や自己ベスト記録、使用シューズやサイ …

堀江翔太は首のケガを病院で手術して握力激減!ラグビー選手に多い頸椎手術をした経過は?

テレビのCMなどでも流れていますが、ラグビー日本代表の堀江翔太選手は、練習・試合中の度重なるダメージのため首の手術をしています。 かなり重症だったのですが、何とか無事復帰して日本代表のフッカーに復帰し …

全英女子オープンゴルフの日本人優勝者は?メジャー優勝者と過去の優勝者は?

渋野日向子選手が全英女子オープンゴルフで優勝しました。 42年ぶりの快挙でしたが、日本人のメジャー制覇は男女を通じて史上2人目になります。 では、42年前のメジャー優勝者の選手は誰なのか? また、過去 …

相撲力士のケガが増えた理由は?疲弊大きくケガが長引く負傷休場の原因は?

稀勢の里の引退に伴い、横綱が白鵬・鶴竜の二人となり、寂しくなってきた大相撲界。 日馬富士の引退は、思わぬトラブルとしても、稀勢の里は大きなケガにより、それまでの相撲が取れなくなったことが理由ともいわれ …

箱根駅伝で低体温症を予防するには天候!ウェザーニュースが情報提供へ!

突然ランナーが歩き出し、チームにとっては痛恨の『ブレーキ』となる『低体温症』が心配な季節となりました。 各大学も細心の注意を払って努力している低体温症だと思いますが、特に往路の5区では壮絶な状況の選手 …