最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

野球全般

野球で松ヤニを使用するとどうなるか?菊池雄星投手は反則で出場停止なのか?

投稿日:2019年5月9日 更新日:




シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が2勝目を挙げた際、どうも松ヤニを使用しているのでは?との声が上がり話題になっています。

松ヤニ使用は、反則として過去には10日間の出場停止処分になった例もメジャーリーグにはあるようです。

周辺情報を詳しく書いてみました。

スポンサーリンク

そもそも松ヤニとはどんなものなのか?

松ヤニというと、なんだかよからぬ物質という雰囲気がしてきますね。

< 松脂(まつやに)とは? >

マツ科マツ属の期から分泌される天然樹脂のことを指す。

主成分としては、テレビン油とロジンである。

これを見ると、ずいぶんきれいに成形された松ヤニに見えまして、明らかに工業製品ですよね。

これは、胡弓などの楽器の弓のほうに塗布するために精製された松ヤニになります。

弦楽器では、バイオリンなどもそうですが、弓には馬のシッポの毛などが使われています。

ですが、普通にシッポの毛で弦をこすっても摩擦が少なくて滑るので、大きな音が出せないのです。

ここで、弓に松ヤニを塗ることにより、摩擦が大きくなり、結果として大きな音が出るようになるのですね。

ということで、きれいなバイオリンですが、演奏者の手の付近はある程度、松ヤニでべたべたしていることになります。

スポンサーリンク

野球で松ヤニをボールに塗り付けるとどうなるのか?

草野球で、ボールが滑らないように唾を付けたりするシーンを見ることがあるように思います。

(ちょっと汚い感じもしますが(笑))

これが、スピット・ボール(spit=つば)と呼ばれ、アメリカでも1920年くらいまでは、ボールに唾をつけるのは黙認されていたようなのですね。

(禁止になった理由は、汚いから…という理由だったそうですが)

その後も、ボールに何か唾のような粘着性のあるものを塗り付けるやり方を、スピット・ボールと呼ぶようになりました。

ちなみに、プロ野球では、ボールがちょっと地面に触ったりして汚れると「ちょっと神経質だなあ」と思うくらい、ニューボールに交換します。

これも、汚れがあることにより、回転がかかりやすくなったり、かかりにくくなったりと不規則な動きをするため、予防ということのようですね。

プロ野球だから、汚れたボールはイヤ! 新しいボールじゃなきゃイヤだ!ということではなさそうです。

(マッド・ボール(mud=泥)というのもあり、泥を付けてなげると滑りにくいため回転がかかりやすくなるようですね)

松ヤニ使用は不正?適正?黙認なのか?

野球の投手が、手にもってポンポンと白い粉を付けるのがありまして、これも常識を超えたつけ方をしなければ不正とはみなされません。

白い粉を『ロジン(rosin)』と呼び、粉が入った袋を『ロジン・バッグ(rosin bag)』と呼ぶことは知られていますね。

 

ところが、このロジンという言葉の意味が、まさに『松ヤニ』なのですね!

先の画像のように、アメ状の松ヤニを粉末状に加工したものが『ロジン・バッグ』の中身ということになります。

持ったことがある人はわかると思いますが、白い粉末なのですね。

ということで、ロジン・バッグならO.K.なのに松ヤニはダメ!とかいっても、白い粉のもとをただせば あのアメ状の松ヤニになるのですね。

てことで、滑り止めという効果としては、同じような成分であり、効果もおなじなんじゃない??ということになります。

スポンサーリンク

メジャーリーグで『松ヤニ投法』は黙認されている?

菊池雄星投手が松ヤニを、帽子のツバのうらに塗って使っていた!ということが指摘されており、ちょっと話題になっています。

滑り止め効果は絶大でして、直球はいわゆる「よく指がかかる」状態になるでしょうし、変化球には『キレ』が生まれることでしょう。

これについて、相手チームの監督は「どうやらKIKUCHIは、松ヤニを使っているようだ」とだけコメントしているようです。

この是非については、あまり詳しく語られていません。

先に書きましたように、ロジン・バッグの中の白い粉も アメ状のものも、もとをただせば同じ松ヤニなんだから、という考えも成り立ちます。

滑りを止める、という用途なら使っても、まあ仕方ない、ということでしょうか?

メジャーリーグでも、ある程度(というかかなりの投手が?)何らかの形で使っている、という情報すらあります。

松ヤニ使用でヤンキースの投手が即退場処分になったことがある

2014年に、ニューヨーク・ヤンキースのマイケル・ピネダ投手が、松ヤニの使用を相手チームのジョン・ファレル監督に 試合中に発見されて抗議を受けました。

どうやら、首筋に松ヤニをつけておいてボールに塗り付けていたようですね。

球審がチェックした後、松ヤニの不正使用ということで、その場で即退場処分となり、10試合の出場停止処分を受けたことが記録されています。

ということで、松ヤニ使用は不正!というイメージがあるのですが、菊池雄星投手にはなんで抗議やらチェックが入らなかったのでしょうか??

詳細は分かりませんが、松ヤニ使用で明らかに大きくボールが変化したり、不規則な動きをしたりしたため、厳しく取り締まられていたのではないかと推測するのですが、どうでしょうか??

今後の議論を呼びそうな話題ですね。

※ マイケル・ピネダ投手について、審判に抗議した相手の監督は「許容範囲を超えていたため」と理由を語っていたようですね。

この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです!

—————————————————-

スポンサーリンク

-野球全般

執筆者:

関連記事

八戸学院大野球部の実績が凄い!プロ野球選手を輩出する北東北の雄について

夏の甲子園で旋風を巻き起こした金足農業高校ですが、その立役者となれば、やはり投手で3番の吉田輝星でしょう。 さて、吉田輝星選手の進学先 というより内定しているという評判のある八戸学院大(野球部)ってど …

ドラフト指名漏れの選手の理由は!有力候補がなぜ漏れたか検証する!

2018年10月25日にプロ野球のドラフト会議が施行されまして、それぞれのドラフト選択選手が決まりました。   ドラフト会議では、野球選手の将来を決めるべく抽選が行われまして、そこは悲喜こも …

中日ドラゴンズの次期監督は誰なのか?森繁和監督の去就はどうなるのか?

落合博満監督時代が良さ過ぎて、その後低迷を続けている中日ドラゴンズ。 落合ドラゴンズをけん引していた、岩瀬仁紀投手、荒木雅博内野手、浅尾拓也投手などがオフの引退を発表し、世代交代を感じさせます。 Bク …

松田亘哲は名大のエースで最速148キロの左投手!高校ではバレー部で学部は?

ドラフト会議が近づくと、ちょっと変わり種の選手からプロ志望届が出て話題になるものです。 2019年は、名大の松田亘哲選手がその人のようですね。 詳しく調べて書いてみました。 ⇒ ドラフト指名漏れの選手 …

根尾昂が肉離れで2軍スタートに!部位はどこで状態はどうなっている!

中日ドラゴンズのスーパールーキー根尾昂選手がキャンプ前の合同自主トレで肉離れを起こしてしまったようです。 これにてやはり、開幕一軍は遠ざかり、レギュラーポジションを争うはずの京田陽太選手にショートを明 …