最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

野球全般

根尾昂が肉離れで2軍スタートに!部位はどこで状態はどうなっている!

投稿日:2019年1月24日 更新日:





中日ドラゴンズのスーパールーキー根尾昂選手がキャンプ前の合同自主トレで肉離れを起こしてしまったようです。

これにてやはり、開幕一軍は遠ざかり、レギュラーポジションを争うはずの京田陽太選手にショートを明け渡すみたいな感じになってしまって

期待が大きいルーキーは、やはり本人もつい張り切りすぎてしまってオーバーペースになりがちなのかもしれません。

根尾昂選手のケガの具合などを調べてみました。

スポンサーリンク

根尾昂選手の離脱の原因はふくらはぎの軽い肉離れ

根尾昂選手ですが、プレキャンプの合同自主トレでベースランニングの際に右ふくらはぎを痛めて離脱してしまいました。

23日に痛め『右腓腹筋(=ふくらはぎのきんにく)の経度の肉離れ』と診断されています。

当初の予定では、開幕全のキャンプは沖縄・北谷に一軍スタートの予定だったのですが、沖縄・読谷での2軍スタートとなっています。

ドラフト1位であり、大阪桐蔭高等学校でメインのレギュラーを務めたうえに、投手を含めて複数のポジションをこなしていたり、才能が認められている選手です。

走塁練習中に、右足を痛めたということで、公式発表では軽傷を言われているのですが、この先が少し心配にも感じられます。

従来に痛めたことがない右足ふくらはぎということで、プロではちょっと使う筋肉が違うのかもしれません。

高卒ルーキーで開幕1軍はさすがに難しいとは思いますが、2軍で治療に専念し、無理なく回復して復帰してもらいたいものです。

右足肉離れに至る経過はというと

1月23日はナゴヤ球場で選手会合同自主トレが行われていました。

ベースランニング、キャッチボール、3か所ノックなどが行われていました。

このうち、ベースランニングで軸足となる右足を痛めてしまったようですね。

当初は、下半身の強い張りがある、と言われていたのですが、結局は肉離れのようでした。

練習の後半に予定されていた、外野ダッシュ・室内打撃練習のメニューは回避して名古屋市内の病院に向かったようです。

24日からは、選手会合同自主トレには参加せず、球場施設内にて別メニューで調整・治療を継続中のようです。

スポンサーリンク

与田剛監督は、レギュラーポジションに固定とまで明言

現在、中日のショートは京田陽太選手が、ほぼ2年近くレギュラーポジションを張っているところです。

ところが、そのショートに根尾昂選手を固定するアイディアを提示したりしています。

驚いたのは京田選手で、レギュラー争いで獲得したプロ選手として定着してきたポジションをそう簡単に、しかもルーキーに渡すわけにはいきません。

根尾昂選手の扱いが、まるで新人の頃の立浪和義選手みたいな感じで、ちょっと驚く待遇であり、ファンとしては少し心配するところ。

京田選手は2017年の新人王であり、ショートにレギュラー定着しているのですが、打率は2割3分~5部あたりを推移しており、すごいショートというわけではないかもです。

与田剛監督は京田選手に一段の成長を期待している?

与田剛監督は、根尾昂選手が交渉の席でショート一本を直訴したということのようです。

新人王に輝いた京田選手にも先輩の意地があると思います。

はた目には、競争が面白いということになるでしょうが、ドラゴンズファンとしては、トラブルなく 程よい落としどころに収まってほしいという気持ちもあるように思います。

しかし、与田監督には根尾昂選手にショートを固定する”根尾ショート“構想があるようです。

京田選手には「セカンドにも挑戦してほしい」とハッパをかける展開になっています。

これは、はてさてどうなるのでしょうか?

期待と不安が交錯する感じですが、チームが一段とレベルアップするにはある程度の競争も必要です。

中日にはかつてアライバ(荒木雅博=井端弘和)という、それこそ日本球史に残る黄金の三遊間コンビがいたのです。

彼らに続くような、鉄壁の三遊間に成長してもらいたいものです!

< この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです! >

スポンサーリンク

-野球全般

執筆者:

関連記事

中日ドラゴンズ2018引退選手は?引退試合はナゴヤドームでいつ行われるのか?

落合博満体制が終わってから、長く低迷期に入ったかに見える中日ドラゴンズ。 今期は最下位に終わりそうで、大きなテコ入れが必要な時期なのかも? 落合時代を支えてきた選手が、今度はお荷物になって、とは冗談に …

中日ドラゴンズの次期監督は誰なのか?森繁和監督の去就はどうなるのか?

落合博満監督時代が良さ過ぎて、その後低迷を続けている中日ドラゴンズ。 落合ドラゴンズをけん引していた、岩瀬仁紀投手、荒木雅博内野手、浅尾拓也投手などがオフの引退を発表し、世代交代を感じさせます。 Bク …

野球ヘルメットのフェイスガードの正式名称はCフラップ!メジャーでも人気らしい

日本シリーズで案外目立つのが、打者ヘルメットについている…あれはフェイスガードなのか? 正式名称はCフラップというようですね。 流行りのようですが、顔付近へのデッドボールなどにはかなり安全 …

野球で松ヤニを使用するとどうなるか?菊池雄星投手は反則で出場停止なのか?

シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が2勝目を挙げた際、どうも松ヤニを使用しているのでは?との声が上がり話題になっています。 松ヤニ使用は、反則として過去には10日間の出場停止処分になった例もメジャーリ …

山田哲人が大不振から復活の理由は?トリプルスリー達成してシーズン終了!

ヤクルトの山田哲人選手が、日本人初 3度目のトリプルスリーを達成し、シーズンを終えました。 昨年の成績と比較すると、大幅に良くなったことが分かります。 打率 打点 本塁打 盗塁 2017 .247 7 …