最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

野球全般

ゴールデングラブ賞の選び方に異議あり!案外知られていない選ばれ方も調べてみた

投稿日:




2019年のゴールデン・グラブ賞が発表されましたが、この選定内容にファンからは不満が噴出しています。

何が問題点だったのか?詳しくまとめてみました。

⇒ 高橋由伸元監督の美人の嫁と娘について。長女が高橋由伸にそっくり!

スポンサーリンク

2019年ゴールデングラブ賞の選定に不満が噴出!

現代では、ファンの声がツイッターなどで明確に出てくるようになり、ファンの意見も広まるようになってきました。

ゴールデン・グラブ賞の選定基準や投票システムに、問題が投げかけられているようですね。

意外と知られていない、ゴールデン・グラブ賞の選定システムについてまず、書いてみましょう。

『ダイヤモンドグラブ賞』は守備でチーム勝利に貢献した選手を表彰するという名目で1972年に創設されました。

1986年からは、今日の『三井ゴールデン・グラブ賞』と名前を変えて、守備の名手たちを選定してきたのです。

ところが(あとから詳述しますが)守備の成績による選定ではなく、打率や打点など、何となく総合的にチームに貢献度の高い選手が選ばれている、という不満があるのです。

(選手として、各ポジション別に、チームに貢献度が高い選手を選出するタイトルとしては『ベストナイン』がありますので…)

ファンからしてみれば、守備のファインプレーで明らかにチームを盛り立てて貢献している、明らかに数字でも上回っているのに選出されなかった選手がいるということなのですね。

個別の数字を出してみて、本来のゴールデン・グラブ賞の趣旨にかなっているのか?ちょっと検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

セリーグのショートは坂本勇人ではなく京田陽太ではないか?という説

京田陽太選手は今年、シーズン初頭から大変な目にあわされていました。

ドラフト一位の新人、根尾昂選手が「ショートを希望します」と発言したため、与田剛 中日監督が根尾選手と京田選手でショートを競わせる、などという発言に出たのです。

数年前からショートのレギュラーで定着してきていた京田選手は新監督に対して、恐らく失望というか不満を持ったと思うのです。

高校時代まで、ピッチャーや外野をしてきたルーキー選手と競らされるというのでは、プロ選手としての面目は丸つぶれというところ。

そこで発奮したのが京田選手の本年の活躍だったと思うのですね。

※ 数字は左から、守備率、試合数、刺殺数、補殺数、失策数、併殺数

これを見ますと、坂本勇人選手(巨人)と京田陽太選手(中日)は、守備成績はかなり接近していたものの、京田陽太選手のほうが上回っている感じです。

ファンも守備機会の印象については、敏感に反応しているようで、不満の声が上がりました。

ゴールデン・グラブ賞の選出方法ですが、現場の取材経験が5年以上の各新聞社・通信社・テレビ局・ラジオ局のプロ野球担当記者の記者投票で決定されています。

厳密に、守備成績の数字だけ見ると、京田陽太選手の内容が上回っているように見えるのですが…

スポンサーリンク

金子侑司外野手がゴールデングラブ賞に選出されていないのはおかしい説

2019年のゴールデン・グラブ賞で多い意見は、金子侑司外野手が選出されていない、ということがツイッター上には多く見られました。

↓この動画を見ますと、金子侑司外野手のスゴさが伝わってきますね。

金子侑司外野手の守備成績を数字で他の選手と比較すると、数字だけなら他の選手とあまり開きがない印象を持ってしまいます。

※ 数字は左から、守備率、試合数、刺殺数、補殺数、失策数、併殺数

ですが、先の動画を見ると、守備機会と守備率の各数値だけでは測れないものがある気がします。

やっぱりゴールデン・グラブ賞の選出って難しいという印象があります。

『ファインプレー率』みたいなのがあったら、明確な基準ができてよいような気がしますが…いかがでしょうか?

—————————————————-
この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです!

 

スポンサーリンク

-野球全般

執筆者:

関連記事

FA選手2018の動向 最新情報 移籍残留情報は!浅村、炭谷、西、丸らはどう動く!

2018年も、シーズンが終わってストーブリーグに突入しました! 今年はまだまだ脂が乗り切った、中心選手が動くとあって戦力増強を望むチームは大いに食指が動くところ。 1人の選手が移籍することにより、チー …

内海哲也投手が西武へ移籍!36歳の巨人の元選手会長が西武で活躍できる可能性は!

往年のエース投手が何と、西武に移籍することになり、巨人ファン、西武ファンとも驚いているところではないでしょうか? プロテクト漏れでは?などと、さまざまの憶測が飛び交う現状ですが、両チームのファンならず …

清原和博の最新情報!イマの告白本が文芸春秋ナンバーから出版される。

清原和博の逮捕騒動は、耳を疑うものがありました。 『出る杭は打たれる』ではないですが、突っ張るところ突っ張り続けていた『番長』清原和博に対する風当たりは大変なものだったと思います。 ですが、ファンもア …

野球ヘルメットのフェイスガードの正式名称はCフラップ!メジャーでも人気らしい

日本シリーズで案外目立つのが、打者ヘルメットについている…あれはフェイスガードなのか? 正式名称はCフラップというようですね。 流行りのようですが、顔付近へのデッドボールなどにはかなり安全 …

ドラフト指名漏れの選手の理由は!有力候補がなぜ漏れたか検証する!

2018年10月25日にプロ野球のドラフト会議が施行されまして、それぞれのドラフト選択選手が決まりました。   ドラフト会議では、野球選手の将来を決めるべく抽選が行われまして、そこは悲喜こも …