最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

本田紗来

本田紗来がかわいい!スケート実力と歌も上手?身長と両親の期待は?

投稿日:2018年8月3日 更新日:





本田紗来ちゃん(11)が、海外で大活躍して注目を集めています♪

8月2日にタイのバンコクで開催された、フィギュアスケート アジア・トロフィーのノービスAクラスに出場して堂々の2位になったのです。

(※ノービスAとはスケート年齢で11歳以上12歳以下のクラスであり、女子はバッチテスト6級以上のクラスを指す)

ショートプログラムで首位に立ったアメリカのリウ選手が そのまま逃げ切る形で優勝。

3位は日本の吉田陽菜選手が入り、表彰台の両側に日本選手が登壇する形になりました。

スポンサーリンク

本田紗来選手のかわいい演技がこちら!

なんてったって、小学校5年生ですのでかわいさ満点の状況ですが、演技はまずまず本格的な感じです。

個人的な印象かも知れませんが、曲が案外アジアっぽいというか、中国っぽい感じで これではどこの選手かわからない?かも。

中国の審判とか、中国系の観客にアピールする目的でこの曲に決まったのかもしれませんが…

小5とは思えない、落ち着いた感じで安定感があり、あまりハラハラしないで見られるのもちょっと凄いと思ったりしました。

本田家の3姉妹のうち、本田真凜、本田望結の2人の姉も、フィギュアスケートの世界では有名ですね。

ですが、一番才能があるのは実は、紗来選手ではないかと、本田家では言われているようです。

何しろ、2017年の全日本ノービスBで既に優勝を決めています。

(※ノービスBとはスケート年齢で9歳以上10歳以下のクラスであり、女子はバッチテスト5級以上のクラスを指す)

アジア・トロフィーでは、ショートプログラムでの出遅れが 少し足を引っ張った感じで、フリー演技が良かったものの優勝には届かなかった感じ。

スポンサーリンク

本田紗来選手の身長・体重は?

本田紗来選手の身長は、2017年の暮れには135㎝と公称されていましたが、思春期前の女子ともあれば、もう少しは伸びていると思われます。

体重は、実は未発表とのことですが、適性体重を算出するサイトを使うと11歳女子で135㎝ですと、30.3㎏と出ました。

本田紗来選手の場合は、かなり細身に見えますので、もう少し軽いんじゃないかと思います。

(30㎏を少し切るくらいではないかと思われますね)

本田紗来選手はハーフ顔?歌は得意なのかしら?

本田紗来選手が、ちょっとアジアっぽいハーフ顔では?などと いぶかる人もあるようですが、そんなことは無いようです。

本田5兄弟の他の兄弟と同様に、ご両親は日本人ですので、生粋の日本人!

但し、顔貌がちょっとハーフっぽい顔立ちになっているのかもしれませんね。

本田紗来選手は、フィギュアスケートとは別に、既に芸能プロダクション オスカープロモーションに所属している子役になります。

ということで、芸能っぽい仕事も入っていたりもするのですが、歌の仕事もあるようです。

『歌が下手』などと書いているサイトもありますが、子どもらしい感じで ちょっと音程がずれることもある?そんなところでしょうか?

横山だいすけさんは、もともとNHKの『おかあさんといっしょ』の歌のお兄さんですので、まあ上手でも当たり前。

将来的には、歌も練習してドンドンすごくなっていくのかもしれません!

本田紗来選手のご両親はどんな人?

家族から4人も有名フィギュアスケーターが出ますと、女性週刊誌などが、ひたすら調べるようになってしまいます。

ご両親についてですが、お父さんは元フィギュアスケーターだということがわかっている程度。

1968年 大阪の生まれで弁護士、会社の経営者、都市銀行の役員などの評判がありますが、定かではありません。

お母さんについては、ほとんど情報がありませんね。

5人兄弟の7人家族と言えば、家事運営が大変なので、専業主婦なのではないか?

↑ これはお父さんのご著書ですが、本だけの秘密はここにあるかも??

 

『女性自身』と『週刊新潮』本田家はおじいさんが、精密機器関連の製造・運輸・メンテナンスなどの保管をする会社を経営しておられるようです。

そして、おじいさんの4会社だけで、年商が20億円と破格の高収入とのことです。

(おじいさんは、運送会社の娘であるおばあさんのところへ 婿養子に入ったと言われています)

いろいろな噂がありますが、上記に該当する会社としては京都の伏見区にある『丸一商事株式会社』ではないか、と言われているようです。

トップクラスのフィギュアスケート選手が活動するには、年間でも最低300万円、上は1000万円近くかかるのです。

この点、本田家は自腹になっても安心といえそうですね。

スポンサーリンク

-本田紗来

執筆者: