最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

池江璃花子

池江璃花子の進学先が日大に決定!スポーツ科学部に決めたいきさつは?

投稿日:2018年10月5日 更新日:




10月4日のスポーツ新聞各紙は、競泳女子でアジア大会のヒロインとして輝いた池江璃花子選手が日大進学を決めたことを一斉に報じました。

日大が進学先ではないかという説は、かなり前から「もう内定ではないのか?」などと ささやかれ続けていたのですが、2018年の春季にアメフト部問題が勃発。

その後も、チアリーディング部とトラブルが続発し、他大学(東洋大学)などに変更されるのでは、などと言われ続けていたのですね。

結局、日大進学が決定したのですが、その周辺の情報について調べてみました。

スポンサーリンク

池江璃花子選手はスポーツ科学部に進学決定!

2018年10月3日に、池江璃花子選手が日大スポーツ科学部に合格したと、池江選手のマネジメント会社が発表しました。

17歳になる2018年の春時期に、池江璃花子が日大志望であることが報道されており、日大にとってはこれはイメージアップの大チャンスとなっていました。

日本大学は、科学的なトレーニングに長けており、特に低酸素条件で流水環境が実現できる最新鋭のプールを2016年4月に完成させており、2020年東京オリンピックの金メダルへの環境なら万全と言える状況にあります。

アメフト部問題などで「日大ブランドは堕ちません」などと言いつつも(笑)、かなり印象を落としている日大としても、ここは何としても池江璃花子に来てもらってイメージ挽回を目指したいところ。

日大側からも必死のアピールがあったとみられています。

池江璃花子をめぐって日大・東洋大のマッチレースだったか?

日大がダメな場合は東洋大学なども進学先の候補に挙がっていたようですね。

東洋大学には、日本水泳連盟協議委員長を務めている、平井伯昌コーチがいるなど、こちらも名門で鳴らしています。

北島康介選手、荻野公介選手、大橋悠依選手などのメダリストを輩出しており、水泳部の歴史を考えても池江璃花子選手が進学先に選んでも何の不思議もありません。

東洋大学は、NTC(国立味の素ナショナルトレーニングセンター)が間近にあるなど、立地の点でも かなり有利なところにあるなどメリットも豊富です。

このところの東洋大学のスポーツ関連・運営施設の充実も著しく、陸上競技の男子100m 桐生祥秀選手なども進学先として東洋大学を選びました。

その理由としてNTCが有利に使える(一般選手は立ち入りができない)などの条件があったともいわれています。

それに対して、スノーボードの平野歩夢選手も日大に進学することにより、専用で使えるスノー施設を手に入れ、平昌オリンピックでは銀メダルに輝きました。

やはり、日大の豊富な資金力も捨てがたい魅力だったのではないかと考えられています。

ここは恐らく、池江璃花子選手の関連するマネジメント会社と各大学とが繰り返しプレゼンを行うなどの駆け引きがあったのでは?

そう想像してしまうのですが、結局 当初の予想通り、日大スポーツ科学部への進学が決定したのでした。

スポンサーリンク

池江璃花子選手が日大に進学するとよいところは?

先の科学的・最新鋭のトレーニング施設があることも大変なアドバンテージになることは間違いありませんが、それ以外にも彼女に得なところがあります。

池江選手が、頼りにしているとみられる、淑徳巣鴨の1年先輩にあたる、長谷川涼香選手も既に進学先として日大スポーツ科学部を選んでおり、やはり安心が得られると思うのですね。

長谷川選手とは、もちろん仲良しですし、淑徳巣鴨高校の言わば二枚看板でしたし、淑徳巣鴨の入学案内などにも2ショットで画像が出ていたとか。

頼りになる先輩が入れば、何かと心強いとも言えるでしょう。

池江璃花子選手はアジア大会で6冠王になったが…

池江選手の成長力は素晴らしく、ジュニアからシニアへの変身が極めてスムーズに行われました。

2018年の夏に ジャカルタで開催されたアジア大会では日本勢最多の六冠を制し、女子初の大会MVPを獲得。

今シーズンは9月の福井国体に東京代表選手として出場した後、小休止を取りました。


次のシーズンに向けては、10月7日の静岡スプリント(富士水泳場)を予定しており、日大スポーツ科学部決定後の初レースとなります。

池江璃花子選手のさらなる飛躍に期待が集まります。

< この記事をお読みのあなたには、こんな記事はどうでしょうか? >

池江璃花子の高校の偏差値は?彼氏は瀬戸か荻野か?身長体重は?
上野由岐子さんがカッコいい!熱愛?結婚?現在の成績と年収は?

スポンサーリンク

-池江璃花子

執筆者:

関連記事

池江璃花子の高校の偏差値は?彼氏は瀬戸か荻野か?身長体重は?

2018年8月11日にパンパシフィック選手権大会の第3日が行われ、日本の18歳 池江璃化子選手が日本新記録で優勝しました。 最近の池江選手の進境が著しく、自身の持つ日本記録更新は全然珍しくないことが多 …