最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

高校野球

大船渡高校の佐々木朗希投手の身長は!俊足で身体能力も評価が高く二刀流も?

投稿日:2018年9月19日 更新日:





2018年の秋季高校野球岩手大会(9月16日)の1回戦で、大船渡高校が盛岡三高と対戦しました。

この試合で、プロ注目の大船渡高校のエース 佐々木朗希(ろうき)投手が6安打の完封勝ちを収めたのですが、その内容が評価されました。

15奪三振もかすむような、自己最速記録を初回に出して話題になっているのですね。

過去には157キロをマークしたために、集まったスカウト陣が大いに驚くことに。

その最速記録が出た状況というのが、2アウト満塁のシーンであり、佐々木投手としては何としても打たれたなくない場面だったと想像されます。

そこで、思い切りギアをアップして出たのが157キロというわけで、自身の最高記録である153キロを簡単に更新してしまったのですね。

この日も154キロを出し、日本プロ野球のスカウト7球団とメジャーリーグのスカウト2球団もどよめく評価だったと言います。

佐々木朗希選手の魅力や二刀流の可能性についても書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

身長は189㎝で、まだ伸びる可能性あり?

佐々木朗希投手ですが、かなり身長が高くて189㎝なのですね。

大谷翔平投手が193㎝と言われていますが、最終的にはそれぐらいになっても、何ら不思議がありません。

佐々木朗希選手としては、同じ岩手の先輩である大谷翔平投手を意識しないわけにはいかないと思います。

(また、2018年の夏の甲子園の準優勝投手である、1学年上の吉田輝星選手の登場なども、相当刺激になっていると思います)

佐々木選手は、中学校の頃から大型投手として注目を集めており、大阪桐蔭高校や履正社高校などからも高評価され、声がかかっていたようです。

ですが、公立高校が私立を打倒することが宿願ということや、チームメイトを甲子園に連れて行ってやりたいなどの思いがあって、あえて公立高校である大船渡高校を選んだようなのですね。

そこへきて、2018年夏の甲子園の準優勝校が公立高校の金足農業とくれば、次は自分の番だと力が入っても無理のないところです。

「自分たち(大船渡高校)も、同じように地元を盛り上げたい。

一戦必勝でセンバツ高校野球大会に出場したい」

意気が上がっているところのようです!

佐々木朗希選手は岩手県出身で地元愛がある?

佐々木朗希投手は、岩手県の陸前高田市の出身ですが、不幸なことに先の東北大震災にて自宅を流されるほどに被災をしてしまいます。

その後、大船渡市に移り住みますが、大船渡市もかなりの被害状況であったことはつとに知られています。

大船渡市の公立中学である大船渡一中では軟式野球部に所属していました。

当時から、大型投手として全国区で名前を知られた存在だったようです。

高校進学ですが、多数の有力校からの誘いを一蹴して地元の大船渡高校に進学します。

「中学時代からの仲間と一緒に甲子園に行きたい!」という希望があったようですね。

スポンサーリンク

佐々木朗希投手は細身で苦労していた!

身長は、かねてから高かったのですが痩身のため、苦労をした時期があったとか。

何としてでも筋肉を付ける目的で、一日5~6食を工夫し(トライアスロンの選手などが行う分食とみられます)目下はようやく81キロになっているようです。

それでも、身長が189㎝ですから、かなりの細身に見えるのですが、バランスが良いためか?動きはシャープであり、足も速いということのようです。

大船渡高校の国保陽平監督は、佐々木朗希投手にあまり無理をさせない方針のようで、球数も配慮しての登板のようです。

そして、投手以外での出場となる場合は、何と1番センターでの起用となっているようです。

(これって、もしかして二刀流にもなりうるのでは?)

なぜなら、50mが5秒9と大柄の割には俊足であり、身体能力が高いと評価されているようですね。

50mのタイムと100mのタイムは、よく言われる換算方式によりますと…

☆ 100mのタイム=50mのタイム×2-1秒 と言われていますので、佐々木朗希選手の場合は

5秒9×2-1秒≒10秒8となり、インターハイの陸上競技でもまずまず通用するレベルの俊足ということになります。

万能な身体能力があるとすれば、やはり将来の目標はアナハイム・エンゼルスの大谷翔平選手の二刀流も視野に入ってきそうなのですが、どうでしょうか?

投法はダルビッシュ選手に似ている感じ?

すでに高評価は広がっていますが、変化球も鋭く、スライダーやフォークボールなども投げ分けているらしく、当方はダルビッシュ投手に似ているということです。

高い身体能力(と俊足)に裏打ちされた速球派となれば、また楽しみな逸材が出てきた感じですね。

大船渡高校が公立校だからと言っても侮れない感じがします!

スポンサーリンク

-高校野球

執筆者:

関連記事

金足農業の吉田輝星の進路の八戸学院大はどんなところ。プロ球団も視野か。

記念すべき夏の高校野球 甲子園大会 100回記念大会は大阪桐蔭高校の春秋連覇で幕を閉じました。 この大会で話題を集めたのは優勝した大阪桐蔭高校よりも、準優勝に終わった秋田の金足農業の方でした。 コメデ …

かがやきぼしが金足農業のブランド米になる!過去にもオリジナル製品あり

吉田輝星選手の大活躍にて、金足農業高校の名前は全国的に広まってしまいました。 秋田市は金足農業野球部に対して『秋田ふるさと市民賞』を贈ると発表し、吉田選手にも『県民栄誉賞』を検討しているとか? この県 …

高校野球で女子禁止の事件が勃発?!高野連がルール違反と判じた試合は?

審判団も困惑の事件が2018年に起きました。 高校野球に限らずですが、スポーツの現場においては、とかく思わぬ事件が起きるものです。 過去にも、女子マネージャーが練習に参加しても良いのか? 安全性などの …