最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

競馬関連 競馬関連

ジャパンカップ2018への有力馬の情報は?海外のブックメーカーの動きを察知する。

投稿日:




春シーズンはけっこう荒れ加減で面白かった(大変だった?)2018年のGⅠ戦線でしたが、有力馬がいない秋も同様になるだろうと高をくくっていた人も多かったのではないでしょうか?

アーモンドアイを除くと、各戦線にスターホースがおらず、結構 荒れ目のレースが楽しめそうと思っていたのですね。

ところが、ふたを開けてみれば”ルメール祭り”となってしまい、荒れないこと荒れないこと…

しかも、人気の有力馬にまたがって『新たなメインジョッキーが現れてしまった』感のあるモレイラ騎手も登場となってしまっては、国内ジョッキーも歯が立ちにくいというところが…

この秋の古馬戦線をジャパンカップ ~ 有馬記念にかけて情報を整理し、馬券作戦に役立ててみようと思います。

スポンサーリンク

ジャパンカップの1番人気はアーモンドアイか?

数か月後の大レースの人気予想(オッズも含む)を占う情報として、最近よく使われているのが、海外のブックメーカーの予想なのですね。

ジャパンカップの馬券が海外でも発売されているのもありますが、外国馬の動向によっては海外のレースの流れも変わることもあり、ジャパンカップも注目を受けているようです。

ブックメーカーは、何でも賭けの対象にしますので、既にジャパンカップの前売り予想オッズを発表しているところがあります。

“bet365″というブックメーカー(「365日、何でも賭けまくる!」という雰囲気が出ていますね!)によりますと、やはりアーモンドアイが人気になりそうです。

ジャパンカップ 2018 有力馬の予想オッズを一覧にすると…

☆ 1人気 アーモンドアイ 2.5倍

☆ 2人気 シュバルグラン 5.0倍

☆ 3人気 スワーヴリチャード 6.0倍

☆ 4人気 サングレーザー 8.0倍

こうなっているようですね。

このうち、サングレーザーは香港カップから招待状が届いているため勝てるレースを求めてそちらに回る可能性がありそうです。

結果として有力馬の人気は、アーモンドアイ中心で、シュバルグランとスワーヴリチャードが続くという感じに まとまりそうな気配です。

スポンサーリンク

ジャパンカップ2018 今年の海外参戦馬は?

本年は、ジャパンカップへの参戦を既に表明しているのは、イギリスのサンダリングブルー(騙5)だけと寂しい状況であり、ちょっと有力馬とは呼びにくく、何だか国際招待の意味合いが薄れてきている気がします。

(何となく、GⅠというより日曜日のメインの”ジャパンカップ特別”みたい…というとお叱りを受けるかもしれませんが)

そのサンダリングブルー陣営も、日本と香港とをにらみつつ出走を考えている感じでもあり、どうなるかはまだまだ不透明のようです。

サンダリングブルーは、スウェーデンで重賞を勝ち、カナディアン国際ステークス(GⅠ)で2着の実績を持っています。

ですが、上のブックメーカーのオッズによりますと26倍見当とあまり期待されてない感じで、カナダに行った帰りにジャパンカップに寄ってみるか?の印象も否めません。

有力馬と呼ぶ魅力は?そんな感じですね。

これらをまとめてみますと、さすがに牝馬三冠を達成したアーモンドアイの強さは別格と言うべきのようでして、固い中心馬の地位が既にある感じですね。

3歳牝馬の大レース挑戦は、凱旋門賞などでも侮りがたく、結構な成績の上に斤量が古馬の一線級より4キロ減ともなると、減量騎手どころではない感じです。

歴戦の古馬の有力馬たちとはいえ、油断できない存在と考えなくてはならないでしょう。

スポンサーリンク

ジャパンカップ 2018に出走登録をしているその他の馬の動向・情報は?

サンダリングブルー以外にも、ジャパンカップに出走登録している馬はいます。

☆ ヴァルトガイスト…凱旋門賞4着、BCターフ5着 (予想オッズは11倍)

☆ カプリ…凱旋門賞5着(同 11倍)

☆ サルフィン…凱旋門賞6着(同 17倍)

☆ マジックサークル…メルボルンカップ16着(同 12倍)

※ 予想オッズは bet365によるもの

これらの出走登録馬はいずれも来日には消極的との評判であり、出走の可能性は低そうですね。

これ以外に、

☆ クロスカウンター…メルボルンカップ優勝(これによりジャパンカップの報奨金受給資格を得ている)

☆ ベストソリューション…メルボルンカップ8位(バーデン大賞(GⅠ)優勝があり、ジャパンカップ優先出走権とボーナス資格を持っている)

この2頭はモハメド殿下の所属賀であり、ゴドルフィン所属馬ですので、出走の可能性はあるのでは?と言われています。

この辺りが、出走して来てくれませんと、本当に日曜日の”ジャパンカップ特別”になってしまう可能性が高いですし、JRAも必死でセールスをしているのでは?と考えられます。

スポンサーリンク

オジュウチョウサンとレイデオロはジャパンカップをパスして直接有馬記念へ

ジャパンカップを回避した有力馬の動向や情報も書いてみましょう!

障害の王者として中山大障害を連破してきているオジュウチョウサン(牡7 和田正)の馬主さんは、ちょっと色気がでてしまって?

いやいや、平地に戻り南部特別を快勝しており、この後の動向が注目されていました。

復帰後2連勝ということで ① ジャパンカップ(GⅠ)へ挑戦する ② 中山のステイヤーズステークスに駒を進める?(ベストの距離?来年の天皇賞を目指す)等の説がありました。

結論から言うと、暮れの有馬記念に直行することが永山尚義オーナーから発表されています。

少し疲れがあるらしいとのことで、ここは間隔をあけて、暮れの大一番に備える形をとりました。

JC組を迎え撃つ感じで、準備万端整える状況で、大障害で慣れ親しんだ中山で見せ場を作れるでしょうか?

また、ダービー馬 レイデオロ(牡4 藤沢)ですが、秋はオールカマ―から1か月の間隔で天皇賞と、やや同馬としては強行軍だったとの評価のようです。

藤沢厩舎の、馬に合わせたゆったり調整で有馬記念に直行することになったようです。

スポンサーリンク

-競馬関連, 競馬関連

執筆者:

関連記事

福永祐一が頭蓋骨骨折を受傷!気脳症を併発して復帰の時期は?【動画】

2018年9月16日阪神競馬第6レース(500万下 ダート1400m)で、スリーヘリオス(牡3)に騎乗していた福永祐一騎手が落馬する事故がありました。 16日、阪神6R(500万下・ダ1400)で、ゴ …

岩手競馬で禁止薬物でドーピング再び!地方競馬でレース不正は3回目!

地方競馬の岩手競馬でまたしても禁止薬物によるドーピングが摘発され関係者も不安の色を隠せない状況です。 本年の7月と9月にも2頭の競走馬から同じ禁止薬物が検出されて、問題になったばかりです。 謝罪会見を …

モレイラ来日でどんな影響がある!マジックマン、雷神の尊敬する騎手は?

すでにマスコミなどで取り上げられて、騒然となっているが、香港のスーパージョッキーであるジョアン・モレイラ騎手の日本での活躍が際立っています! 札幌競馬で来日し、勝ちまくる大活躍でファンを驚愕させ、中堅 …

岩手競馬で禁止薬物が検出された!誰が犯人なのか!開催日変更はあるのか?

岩手競馬で競走馬から禁止薬物が検出されて問題となっています。 特に2018年は何度も話題に上り、競馬ファンならずとも問題を感じますね。 馬券を購入している人にとっても、本来的中していたはずの馬券が何だ …