最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

競馬関連

レイデオロは有馬記念では危険!不安要素や弱点が少なくなく、穴狙いを推奨!

投稿日:




2018年も暮れの有馬記念となりました。

1年間いろいろありましたが、競馬ファンとしては何としても有馬記念を取って笑顔で年越しをしたいもの!
当サイトも、何度か競馬の話を書きましたがちょっと自信があるのが有馬記念のレイデオロの取捨。

レイデオロについては かなり自信をもって軽視したい!理由がありますので是非ご一読いただきたいと思っております!

スポンサーリンク

レイデオロが有馬記念の前にジャパンカップを回避したのは?

あまり競走馬の実力がわからないファンでも、後付けで検証すればそれなりの手ごたえを感じられることがあると思います。

3歳時、レイデオロは、神戸新聞杯完勝のあと、菊花賞に進んでもおかしくないのに、なぜか回避してジャパンカップに進み2着と好走します(後に書きますが、距離に不安あり?)。

4歳になった2018年は、オールカマー ⇒ 天皇賞と万全な感じで進め、ダービー馬としては、当然 ジャパンカップに歩を進めるものと考えて何の不思議もないのです。

しかし、ジャパンカップはふたを開けてみれば、あっと驚くアーモンドアイの圧勝劇で幕を閉じました。

(いや、アーモンドアイにちょっと失礼かも?これまでの実績と軽ハンデからすれば当然?)

となると、日本の競馬界で碩学の藤沢和雄調教師とすれば、アーモンドアイにはかなわないと早期に判断していた可能性もあり得ますよね。

厳しい言い方になりますが、早い時点で『敵前逃亡』し、楽な相手を求めていった可能性もあります。

これが、レイデオロには自信がない?

そんな印象を持つのですね。

レイデオロの弱点を過去の戦績からさかのぼってみると…

レイデオロは右回りに弱いんじゃないか?

そんな不安が出るのは皐月賞の5着、唯一馬券を外したのが中山だったということになろうかと思います。

これについて陣営は、軽く否定しているようです。

「中山の敗退は、皐月賞だけで葉牡丹賞とホープフルSは完勝している!」

そんな声が既に出ています。

しかし…

よくある話ですが

「〇〇競馬場は連対を外したことがない!」

「右回りのこの距離なら、必ず3着以内!」

こういう話で、凡走する例は枚挙のいとまがありません。

なぜなら、これらの実績は「下の条件から上がってきたときに作った実績、いわば弱い馬相手に作ったもの」なのですね。

ということで、ゴリゴリの実績がある古馬に通用するのか?となると心配がありませんか?ということになります。

レイデオロの心配(弱点?)は、まだまだあります。

スポンサーリンク

レイデオロは2400m以上の実績が不安である!

3歳時、ダービー馬なら、無理してジャパンカップに行かず、菊花賞で楽勝することだってビジョンに入ってしかるべき!

ところが、菊花賞を回避してジャパンカップに向かいます(結果は2着)。

これは何を意味しているのか?!

明らかに楽な相手をよけて、厳しいはずの古馬一線級に対戦を挑んでいったのは、とにかく『距離に不安があるから』ではないでしょうか?

そして、有馬記念で待ち受けているのが菊花賞馬と菊花賞の上位入線馬(サトノダイヤモンド、キセキ、クリンチャーら)などのスタミナ自慢たち。

リッジマンはステイヤーズステークスやダイヤモンドステークスの常連馬でしかも好成績!

出走レースのなんと『最短の距離が!』2400mであること。

レイデオロ厩舎陣営は『好調である』『中山は得意!』とは言っていますが『距離が伸びても大丈夫』とは一言も言っていないのですね。

(ここ、重要だと思います!)

そして、武豊のオジュウチョウサンは障害帰りと、なんでこんなスタミナ自慢ばかり揃ったのでしょうか?

レイデオロの瞬発力、一瞬の足を使う前にペースの落ちないハイペースで引っ張りロングスパートをかける!

そんな展開が見えるのではないでしょうか?

レイデオロの不安点(弱点)はまだまだあります!

レイデオロの弱点・不安点を探し出してみると

レイデオロの不安と言えば、スタートがあまりよくないところがあります。

スタートで、あれ?と出遅れると小回りの中山では結構痛いハンデとなりかねません。

後ろから行くタイプだから、と考えられなくないかもしれませんが、トリッキーな中山では、最速の上りを繰り出したが結局届かず…そうなりかねません。

また、気になるデータがあります。

スポンサーリンク

ルメール騎手の危険なデータとは?

ルメール騎手はGⅠでの1番人気の成績があまり良くないのですね。

「えっ、そうなの?」と思う人もあるかもしれません。

< ルメール騎手のGⅠの1人気は >

今年はJRA主催のGⅠに限れば、何と8勝もしているルメール騎手。

GⅠ成績は【8.0.2.11】となり、1人気の成績も【3.0.2.3】と安定しているかに見えます。

ところが…3勝はすべてアーモンドアイで上げたものなのです。

アーモンドアイと言えば、あのちょっとイカれた実力の馬(失礼!)ですので、他の馬の成績だけを考えると良くて3着ということ。

有馬記念では「レイデオロは惜しかったなあ 3着」になりはしないのだろうか?

有馬記念後に「まあ、今年はルメール騎手、勝ちすぎだったから」などと自分を慰める展開にならないでしょうか?

藤沢きゅう舎のように、馬の数にゆとりがあって『馬の適性を最大限に優先して』という運営がありますと、何が弱点なのか?が極めて鮮明に見えてくると思うのですね。

レース後に後悔しないように、あまり重視は禁物と思うのです。

スポンサーリンク

-競馬関連

執筆者:

関連記事

福永祐一が頭蓋骨骨折を受傷!気脳症を併発して復帰の時期は?【動画】

2018年9月16日阪神競馬第6レース(500万下 ダート1400m)で、スリーヘリオス(牡3)に騎乗していた福永祐一騎手が落馬する事故がありました。 16日、阪神6R(500万下・ダ1400)で、ゴ …

岩手競馬で筋肉増強剤検出が5頭目に!開催中止と存続危機が表面化した!

今年の秋から、ドーピング疑惑に揺れている岩手競馬ですが、2018年12月25日に今季5頭めの禁止薬物(筋肉増強剤)が摘発されたようで、関係者の間でも波紋が広がっています。 スポーツ紙や地元新聞で既に情 …

岩手競馬で禁止薬物が検出された!誰が犯人なのか!開催日変更はあるのか?

岩手競馬で競走馬から禁止薬物が検出されて問題となっています。 特に2018年は何度も話題に上り、競馬ファンならずとも問題を感じますね。 馬券を購入している人にとっても、本来的中していたはずの馬券が何だ …

岩手競馬で禁止薬物でドーピング再び!地方競馬でレース不正は3回目!

地方競馬の岩手競馬でまたしても禁止薬物によるドーピングが摘発され関係者も不安の色を隠せない状況です。 本年の7月と9月にも2頭の競走馬から同じ禁止薬物が検出されて、問題になったばかりです。 謝罪会見を …

ジャパンカップ2018への有力馬の情報は?海外のブックメーカーの動きを察知する。

春シーズンはけっこう荒れ加減で面白かった(大変だった?)2018年のGⅠ戦線でしたが、有力馬がいない秋も同様になるだろうと高をくくっていた人も多かったのではないでしょうか? アーモンドアイを除くと、各 …