最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

ハチミツ次郎

ハチミツ二郎が緊急入院!病状や入院している病院 復帰時期は?

投稿日:2018年7月18日 更新日:




 
お笑いコンビの『東京ダイナマイト』でおなじみのハチミツ二郎さんが、緊急入院になりました。

7月16日に大阪にある吉本興行の殿堂ホール『なんばグランド花月』の3回目の公演後に体調の不良を自覚され大阪市内の病院に入院されたようです。

吉本興業の関係者によりますと、7月16日の朝から40度近い高熱があるにも関わらず、舞台を3公演こなしたが、あまりにも体調が悪いため夜公演はキャンセルしたのです。

その足で、大阪市内の病院で診察を受けたところ、即日入院となったようです。

どんな病気だったのでしょうか?

スポンサーリンク

ハチミツ二郎の病状はどうだったのか?

ハチミツ二郎さんは、入院になる数日前から高熱が続いていたようです。

その高熱が誘因となって肺炎を発症し、また心臓に負担がかかったため胸水が溜まり、急性心不全および呼吸不全となり緊急入院となったようです。

結局、7月16日の夜に出演を予定されていた『よしもと漫才マンデーLIVE』を休演しました。

16日は、かなりの強行スケジュールだったようで、東京からなんば花月に入り日中3公演をこなしたようです。

しかし、顔色が真っ青で関係者が病院受診をすすめたようです。

ハチミツ二郎さんの復帰の時期などは?

ハチミツ二郎さんと言えば、身長が178㎝ 体重100㎏とかなりの巨漢であり、客観的に見て肥満体に属すると思います。

よって常時 心臓に負担がかかっていた可能性があると指摘されています。

心不全ということで、利尿薬を使用するなどして、胸水が少なくなるような治療を受けると考えられますが、簡単に良くなるという見込みではないようです。

目下の情報では、入院期間は約1週間~2週間程度ではないかとみられていますが、復帰の時期は未定ということです。

やはり舞台となると、身体だけでなくメンタルにも負担が大きいと考えられますので、医師の判断に従ってリハビリを行いつつの調整となるようです。

スポンサーリンク

ハチミツ二郎さんの経歴をまとめると…

岡山県倉敷市出身の43歳で、相方 松田大輔と東京ダイナマイトを2001年に結成しました。

東京ダイナマイトはM1グランプリでファイナリストに2回も選出されるなど人気のコンビですね。

関東のオフィス北野からデビューし2009年にはよしもとクリエイティブ・エージェンシーに移籍しました。

2010年に元メロン記念日のリーダーである斉藤瞳と結婚しましたが2011年に離婚しました。

しかし2012年5月に一般女性(真理子さん、という名前だけが知られているようです)と再婚しています。

根っからのプロレス好きであり(体格・体形もレスラー風)、お笑いプロレス団体『西口プロレス』にレスラーとして所属し活躍していました。

その延長として、2017年10月に大仁田厚と有刺鉄線電流爆破マッチを行っています。

ハチミツ二郎が緊急入院の病室姿を公開

入院後のハチミツ二郎さんは、自分の姿をインスタグラムで公開しています。

「ファイプロ(=プロレス団体)の新キャラみたいでしょ?」とコメントを添えています。

酸素マスクをつけて横になっている画像がアップされています。

ICUで「死ぬかもしれないから…」と東京からマネージャーと家族も呼び寄せられたそうです。

しかし、子供と嫁が到着することには、臨床データは正常値近くまで回復していたそうです。

ツイッターでは、病室に急いで駆け付けた娘との画像も公開されていました。

抜群の体力で、急激に回復を見せているようですね。

ワイルドな持ち味で自称『日本一もてる肥満体』は伊達ではありませんが、今回のことで健康に気をつけて無理せず頑張って欲しいものです!!!

スポンサーリンク

-ハチミツ次郎

執筆者: