最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

国内情報

NGT48の女子マネージャーも被害者か!ガムテープで縛られる動画が拡散!

投稿日:2019年1月18日 更新日:





大きく波紋を広げつつある NGT48の暴行事件ですが、メンバーの対立の被害者はどうやら山口真帆さんだけではないようですね。

NGT48の女子マネージャーも、山口真帆さんの暴行事件の騒動に先駆けて退職してしまっていたことが発覚しました!

↓ネットで拡散中の動画によりますと、NGT48の女子マネージャーがガムテープで縛られるような動画のようです。

山口真帆さん暴行事件の余波について書いてみます。

スポンサーリンク

退職していたのは北川智子 女子マネージャーらしい。

ツイッターベースで拡散しているのは、北川智子マネージャーがガムテープで縛られるような動画のようですね。

アップされたのちにすぐに消されたようですが、これを目ざとくフォロワーが動画を記録していたことから、今回の拡散に至ったようなのです。

暴行グループ(=アイドルハンター軍団)は、女性ファンにまで手を出そうとしていたとの話がありますが、もちろん女性ファンが名乗り出ない限り、事件は表には出ません。

ところが、今度は20代の女子マネージャーが標的にされていたという情報が持ち上がりました。

2018年いっぱいで退職してしまっているらしい、北川智子さんという女子マネージャーがおられたようで、現在は新潟にはおられないようです。

NGT48は女子グループですので、身辺の細かい運営などは、やはり女性のほうが良いということで選ばれていたと思います。

ですが、傍若無人のふるまいをする太客軍団(=太っ腹の行動をするファンのことを太客と呼ぶらしい)にかなりまいってしまっていたのかもしれません。

地元メディアによりますと、度を過ごしたハラスメント行動をとっていたというではありませんか!?

メンバーと接触したい太客達は女子マネージャーを毛嫌いしていた

アイドルハンター軍団は、アイドルに近づくためには手段を択ばない行動に出ていたようです。

これに対して、アイドルを守らなくてはならない立場の女子マネージャーはかなり苦労していたことは想像に難くありません。

< NGT48事件の人間関係相関図 >

地元に詳しい報道関係者によりますと、度を過ごしたファンをメンバーから遠ざけようとする女子マネージャーを徹底的に嫌っていたというのです。

食って掛かるのは当たり前で、嫌がらせのレベルにまで達していたということのようです。

その現れが先に挙げられていた『ガムテープで縛ってしまう』画像のようですね。

メンバーを守らなくてはならない責務を果たそうとすればするほど、アイドル狙いのファンから痛い目に遭わされる…

そういう板ばさみの挙句に、2018年末をもって退職することになったのではないか?と想像されています。

スポンサーリンク

暴走するメンバーに女子マネが注意をすると逆ギレする!

北川智子 女子マネージャーは、風紀を乱すメンバーに対して、注意を促すことができる例外的な人物だったようです。

ところが、悪質なファン軍団としては、北川智子さんが邪魔で邪魔で仕方がなかったのではないかと推察されます。

そして、現在 ネット上には山口さんと対立していたメンバーが、北川智子さんの退職を さも楽しげに伝えている動画も拡散中のようです。

ひどいファンがいるだけではなく、そのファンを助長するような 一部のメンバーの言動も見逃すことができない状況のようですね。

運営側としては、飛び切りのタニマチ(=お得意さんのファン)ですので、むげに追い払うこともできないというスタンスでいたのだと思います。

結果として、行きつくところまで とうとう行ってしまったという印象をぬぐえないのですね。

他のAKBグループの活動にまで支障が及ぶ結果となった

NGT48のトラブルの影響は、AKBの姉妹グループにまで広がることになってしまいました。

1月16日にBSスカパー!で収録取材の予定になっていたNMB48のバラエティー番組『NMB48のナイショで限界突破!GO!GO!レボリューション! 』も収録中止となっています。

メンバーの囲み取材も準備されていたのですが、番組側からは「都合により、中止とさせていただくことになりました」と説明がなされる展開に。

報道陣から暴行事件に対するコメントが求められるのは必至と考えたのは間違いないところでしょう。

コアなファンにとっては、ある程度は知られているような暴走行為がここへきて、一度に広がった印象があります。

スポンサーリンク

新潟県知事がついにコメントをするまでになってしまった!

NMB48について、比較的理解があり、寛大な見方をしていた新潟県も表情を硬くしてきている印象があります。

花角新潟県知事も、1月16日に行われた定例記者会見について、山口真帆さんが暴行された事件について触れることになりました。

「早く事実関係が明確になり、正常な状態に戻ってほしい」

県民を代表してのコメントとも取れる感じで、なんだかうやむやになってしまいそうな展開にくぎを刺すコメントとも取れる感じです。

そして、社宅のように使っていたNGT48の寮も全員退去することになったようです。

県外から、NGT48に参加しているメンバーのために準備されたいた寮ですが、すでに場所などが特定されてしまっています。

これ以上のトラブル拡散を避けるために、寮は一時解散という形をとらざるを得なかったのではないでしょうか?

NGT48に対してフォローを惜しまなかった新潟市内の食品メーカーもNGT48を起用したCM放送を見送るなど、騒動の余波は進行中という印象です。

やはりAKBグループが、襟を正して騒動の鎮静を図るべきとは思いますが、第三者委員会がどこまで有効に作用するかは未知数のようですね。

< この記事を読まれた人におすすめの記事はこちらです! >

スポンサーリンク

-国内情報

執筆者:

関連記事

ご飯論法の意味は何なのか!流行語大賞にノミネートされたが誰も知らない理由は?

2018年の流行語大賞がユーキャンから発表されまして、2018年を代表するような言葉やフレーズが勢ぞろいしました! …と思ったら、耳慣れないキーワードが一つありますね。 聞いたことある言葉 …

高松空港まつり2018で空港はパニックに!休みの日に混む駐車場でイベント開催

今日では、中央の有力大学でも地方へ出向いて存在をアピールする時代になりました。 あまり知られていませんが、天下の東京大学すら地方へ出向いて大学説明会を行い、オープンキャンパスを開く時代です。 というこ …

台風と地震で宅配便はどうなるのか?遅配や時間指定不能 荷受け停止など

2018年は、これまでにない天災が続き、とにかく大変な毎日となっています。 特に被災地になってしまった地域やこれまで災害など考えたこともなかった地域の皆さんの驚愕は想像できないものがありますね。 さて …

ゆるキャラグランプリでカパルが躍進した理由は!組織票に勝った戦略とは?

ゆるキャラグランプリ2018年が閉幕し、グランプリは埼玉県志木市の文化スポーツ振興公社の『カパル』と決定しました。 2018年は、組織票投入などで揺れ、一日に2万票もが投入されるなど、波乱の展開となり …

イッテQの制作会社がやらせ問題の主役か!ラオス政府も怒り国際問題に!

全く存在しない祭りをでっち上げて面白おかしく放映してしまった日本テレビ! 番組制作や立案は近年、外注の番組制作会社が作るケースが多いので、制作会社には良識が求められると思います。 誰も見ていないから、 …