最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

国内情報

本庶佑氏について妻の滋子さんがノーベル賞を祝福!滋子さんの経歴は?

投稿日:




ノーベル医学生理学賞に輝いた本庶佑(ほんじょたすく)さんの業績が高く評価されており、喜びが広がっています。

本庶佑さんは日本人として5人目のノーベル医学生理学賞を受賞したのですが、その妻氏も話題に上っています。

京大卒の本庶さんの奥さんはどんな人だろうかと、そんな声があるようなのですね。

ということで、本庶佑さんの奥さんのことについて書きました。

スポンサーリンク

本庶滋子さんも京大卒

着物姿で優しい感じを受ける本庶滋子さんですが、経歴を聞くと 実は京大卒だったことが判明しました。

そして京大での御専門が生化学ということで、これはいわゆる”リケジョ”の草分けということになったわけです。

(息子さんと娘さんも京大卒のご経歴であり、医師になっておられる説があるようです(下記に詳述))

ですが、結婚されてからは、学術とは接点を持たず、家庭を支えることに終始されていたようです。

今回の受賞についても「数年前から、候補に挙がっていたので、まさか今年になるとは思っていなかった」と謙虚に語られました。

スポンサーリンク

本庶滋子さんが、ノーベル賞受賞を改めて振り返る

10月1日の夜に、京都市内の自宅マンションのロビーにて、本庶滋子さんが報道社のインタビューに応じ、喜びの心情を語られました。

本庶教授の性格については「常に沈着冷静であり、感情を表に出さない。

意志が強くて何事も中途半端にしないところがある。結果を必ず突き止めるようなところがある。

話をしていても、中途半端に話が終わらない」と本庶教授の性格について語りました。

本庶佑教授が滋子さんと ともに京大で会見を行った

報道陣の質問にも、冷静な感じで対応される本庶佑教授。

本庶教授も、自らの研究者としての経歴を振り返り「こういう人生を2度やりたい、と思うくらい充実していた。

落ち着いて、あれこれ考えていると、幸福な人生を歩んできたと思う」と回想を述べられました。

そして「亭主関白で、研究に邁進してきており、それを許してくれた家族に非常に感謝している」と付け加えられました。

すると、滋子夫人が「亭主関白だったのは、若い頃だけで、最近は非常に優しいのです」とフォローされるところもありました。

何しろ転勤が十数回もあったとのことで、黙ってついてきてくれたご家族の協力なしには受賞はありえなかったのかもしれません。

とにかく、学術で共通理解があり、仲の良いご夫婦とお見受けしたわけですね。

スポンサーリンク

本庶家は代々お寺で研究にも影響があり?

何でも、本庶という姓は、全国にも30人くらいしかいないらしい、珍しい性のようです。

そして、京大閥の病院に男女各一名の『本庶医師』がおられ、息子さんと娘さんではないかと噂されているようです。

そして本庶教授のお宅も先祖代々 お寺さんということで「物事を突き詰めて」考える人が多いのではないか?と本庶教授ご自身が分析されています。

共同受賞者のジェームズ・アリソン アメリカテキサス大教授(70)とノーベル賞賞金は折半することになっているそうです。

賞金総額は900万クローネ(日本円にして、およそ1億5千万円と推測される)の半分を受け取ることができます。

本庶教授は、その賞金を若手研究者育成・支援の基金に寄付される意向を示しておられるようです。

本庶教授が獲得された賞金が、将来を担う若手研究者の支援に役立てばよいですね。

小野薬品工業の株価が右上がりに上昇!

訳業部門では、とびきりベンチャー色が強いので有名な小野薬品工業の株価も”材料買い”ということで、右上がりに上昇してきています。

年初来高値を付け、まだまだ上向きになるかもしれませんね。

投資家には目新しい株に映っているのかもしれません。

本庶教授のノーベル医学生理学賞の余波がここにも現れていると思います。

ガンの治療薬 オプジーボの開発が評価されての上昇だと思われます。

話題先行での投資家から買い注文が殺到しているところなのでしょう。

小野薬品工業も本庶教授とともに躍進してもらいたいものだと思います。

スポンサーリンク

-国内情報

執筆者:

関連記事

【動画】東大阪市内の自動車専用道路で280キロで暴走!府内30代男性を書類送検!

スピード超過もいい加減にしろ!!! そんな事件が東大阪市内で起こってしまい、SNSで話題になっています。 < 車種はNissan GT-R が濃厚 > スピード違反の検挙例としては、過去最高の法定速度 …

平成グッズで人気のものと言えば!さよなら平成で これは買っておきたいものを集めてみた

平成もあと数か月で終わりますが、たった30年しかなかったとはいえ、去り行く時代には何かの郷愁のようなものを感じてしまいます。 それにつけても、気になるのが平成を懐かしむ人気グッズの数々。 あと少しの平 …

順天堂大学や昭和大学にも不正入試の疑い!文科省が調査を継続中!

東京医科大学の不正入試問題で 理事長が辞任に追い込まれるほどの大事件に発展した 私立医大の入学試験の問題。 この件は、文科省の元次官が東京医大に対して便宜を図った見返りに息子を裏口入学させてもらってい …

iPadPro2018やMacBookAir2017のセールと言えば!アップル製品の年末大安売りは!

2018年は、新型のiPadPro(2018モデル)が登場するなど、アップルが勝負をかけた商品が登場してきました。 欲しいユーザーも年末商戦で、ディスカウントを狙っていると思います。 ボーナスを当て込 …

高輪ゲートウェイに決まった理由は!他の候補を押しのけて決まったわけは!

田町 ⇒ 品川間に新駅が出来そう!しかも東京オリンピックの年に! そういう話が出て色めき立ったのは、やはり地元の不動産業者たちでした(笑)! それにしても、何とも奇妙な名前になったものですが、その理由 …