最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

国内情報

【改元】新元号の予想・候補は何なのか!次期の有力説をランキング一覧でまとめてみると…

投稿日:




ここへきて、白熱してきているのが平成の次の新元号ですね。

 

明治 ⇒ 大正 ⇒ 昭和 ⇒ 平成 とくると、次が気になるのですね。

2019年4月1日付で発表になるのはわかっているのですが、巷の予想や新元号候補の一覧が気になるところです。

さてどうなることでしょうか?

スポンサーリンク

新元号の予想はかなり白熱化してきている!

改元についてですが 海外ならば、何になりそうか?ブックメーカーが動き出したりするところ。

(英国では、王室の嫡子の性別まで”賭け”の材料にされるそうなので)

そして、全国の会社・団体などで一般募集されている新元号の予想が既に繰り広げられています。

アンケートなどで統計を出している5社のベスト10の候補をランキング形式で発表をしてみましょう。

プラザクリエイト社(=プリントショップ)

① 安久 ② 安永 ③ 安始 ④ 永安 ⑤ 平和 ⑥ 和平 ⑦ 栄安 ⑧ 永明 ⑨ 安明 ⑩ 永和

ティーライフ社(=飲食系通販サイト)

① 安久 ② 安永 ③ 光明 ④ 和平 ⑤ 安明 ⑥ 永和 ⑦ 安寧 ⑧ 永安 ⑨ 永明 ⑩ 栄安

ヨシックス社(=飲食チェーンの運営会社)

① 安久 ② 安永 ③ 永安 ④ 安明 ⑤ 永和 ⑥ 安栄 ⑦ 感栄 ⑧ 栄安 ⑨ 安和 ⑩ 永明

年号ワイン.com社(=酒類ネット通販サイト)

① 安永 ② 安久 ③ 安始 ④ 安永 ⑤ 安明 ⑥ 永安 ⑦ 安栄 ⑧ 永明 ⑨ 永和 ⑩ 和永

ソニー生命保険(=保険会社)

① 平和 ② 和平 ③ 安久 ④ 未来 ⑤ 自由 ⑥ 新生 ⑦ 大成 ⑧ 羽生 ⑨ 希望 ⑩ 安泰

こんなところのランキング一覧が既に出そろっているところですが、さて これらの予想の中に新元号があるものでしょうか…?

これら以外にも、新元号の予想を公募している会社が十数社あるようですね。

スポンサーリンク

新元号に求められる条件・タブー条件とは?

やはり、平成に改元した時のように、なにか新しい時代の息吹を感じられるものがあったらいい!

改元後は 新鮮な気分で、時代を受け入れたいものです。

そして、新元号には用語であればなんでも良いというわけではなくて、いくつかの条件があるようですね。

 

① 漢字2文字になるのは決定。

⇒ 規定で2文字と決められているようです。

 

② あまり画数が多すぎると一般庶民に受け入れられない。

⇒ 手書きのことも考えると、あまり画数が多いと差しさわりができることになります。

上で言えば『安寧』はちょっと字画が多いかも?

できれば読みやすいのがベター!

 

③ 類似の用語がないこと。紛らわしくなるからですね。

『俗用されていないもの』という規定があるようです。

☆ 『平和』『新生』『大成』など、既に会社名に使われていたり、日常頻繁に使われる言葉になっていると、元号と気づきにくい。

☆ 『英明』『英和』 など、学校名に使われていたりすると、固有の団体を指すことになりますのでNGということに。

⇒ 日常語として、あまり使われない2文字が有力候補ということになるでしょうか?

選定委員会(?)が、電話帳やらネットやらで、懸命に検索しているとは思いますが(笑)、『安久』がついている会社が、すでに数社あるようです。

(もっとも、平成建設、平成銀行みたいに、あとから”冠”につける企業がたくさん出てくるでしょうが(笑))

 

④ 東京オリンピックを視野に入れている?

⇒ 日本の歴史を後で回顧する際に、××元年(がんねん)に2回目の東京オリンピックがあって…と歴史に残りますね。

ということで、やはりオリンピック開催を意識したものになるのではないかしら?という思惑もあります。

スポンサーリンク

⑤ 過去に使われているものは除くという、規定があるようだ。

これまでに、元号 または おくり名(=帝王・相国などの貴人の死後に奉る 生前の事績への評価に基づく名)として用いられたものではないこと。

例えば『永和』は 室町時代に使われた経緯があるので、かなり可能性が低いことに。

また、『永明』は中国で元号として使われたことがあるため、かなり除外が濃厚ということになりそうですね。

この辺りは、デリケートな問題でして、国際的に『パクリ』と言われないために、ひたすら検索しておられると思います。

 

⑤ 元号のイニシャルがある程度は限られる。

コンピューター時代になっても、やはり西暦に統一するのは難しいでしょう。

『H31』みたいに、元号のイニシャルと年数で、年を表す慣例は続きそうです。

すると、明治(M)、大正(T)、昭和(S)、平成(H)以外が選ばれる可能性が高いことになります。

これを”あいうえお”で考えると、ア行・カ行・ナ行・ヤ行辺りが怪しいということに。

上の予想ベスト10を見てもやはり”ア”が入ったものや”エ”が入ったものが、かなり候補として予想されていることがわかります。

専門家の間では”カ行”が怪しいとの評判もあり(頭に光、慶、開が配置されたものなど)、予断を許さない状況のようですね。

改元後に『ネットで大炎上!』ということだけは避けてもらいたいものだと思いますが…

スポンサーリンク

-国内情報

執筆者:

関連記事

イッテQの制作会社がやらせ問題の主役か!ラオス政府も怒り国際問題に!

全く存在しない祭りをでっち上げて面白おかしく放映してしまった日本テレビ! 番組制作や立案は近年、外注の番組制作会社が作るケースが多いので、制作会社には良識が求められると思います。 誰も見ていないから、 …

高輪ゲートウェイに決まった理由は!他の候補を押しのけて決まったわけは!

田町 ⇒ 品川間に新駅が出来そう!しかも東京オリンピックの年に! そういう話が出て色めき立ったのは、やはり地元の不動産業者たちでした(笑)! それにしても、何とも奇妙な名前になったものですが、その理由 …

高松空港まつり2018で空港はパニックに!休みの日に混む駐車場でイベント開催

今日では、中央の有力大学でも地方へ出向いて存在をアピールする時代になりました。 あまり知られていませんが、天下の東京大学すら地方へ出向いて大学説明会を行い、オープンキャンパスを開く時代です。 というこ …

NGT48劇場公演再開はいつか?事件の詳細は明らかになったのか?

依然、真相は闇の中にある印象のNGT48の暴行事件。 ブラックボックスの内はやはりわからないまま、時間だけが経過しております。 しかし、NGT48もこのままでは終われませんし、公演再開の説明が行われま …

吉野家が28年ぶりにサイズ変更を断行!超特盛と小盛の販売が開始される!

吉野家は、今年で何と創業120周年とのことで驚かされますね。 さて、2019年3月7日より従来のサイズを変更する発表をしています! これまでの4種類のサイズに新たに加わった新サイズ『超特盛』と『小盛』 …