最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

国内情報

Google Mapに変化が発生した理由と状況は!ゼンリンとの関係解消して自社運営に切り替えたか?

投稿日:




2018年3月22日にゼンリンの株が484円も急落して、ストップ安の水準に来ていました。

巷の説によるとどうやらゼンリンとGoogleはその関係を解消したらしい、というのが有力のようです。

Google Map からゼンリンの会社ロゴが消失し、地図上にも明らかな変化が発生しているようです。

この変化について詳しく追い、またその状況から推測される理由について書いてみました。

スポンサーリンク

Google Map のどんなところが変化したかと言うと…

ネット上で指摘されているGoogle Mapの変化をまとめてみます。

 山の影の部分が湖として表示される

山の影、すなわち山岳部分のくぼんだところが湖として表示されるミスがあり、現実とは違う、おかしなことになっているという指摘があります。

航空写真を画像認識して描画したために、こういう表示になってしまっているという指摘のようですね。

これを見ると、やはりGoogleがゼンリンと離れて独自路線を取るのは、ちょっと時期尚早だったのでは?という気がしてきますね。

 道の太さが均一化されて現実の地形と違うようになっている

ツイートに明らかなように、リアルな地図とは違って、地図がデフォルメされた感じで表示されて始めた、という指摘があります。

 駐車場が道として描かれているというミスも報告が多い

これについてですが、Googleがスマホユーザーがスマホを持って移動した情報をもとに地図作成をしているという指摘があります。

つまり、スマホを持ったユーザーが駐車場に入るため、その情報をもとに記事を作成すると、駐車場は道として認識される、ということのようです。

スポンサーリンク

Google がどうやら自社運営に切り替えを考えているらしい。

既に、Googleが『Googleの車』と呼ばれる、グーグルカー(ストリートビューを撮影する車)を走らせているのを見た人も多いと思います。 

要するに、Google のサービスの一つとしてMap事業を視野に入れており、正確な地図情報は将来的に車の自動運転などにつながるビッグビジネスと認識しているようです。

現地に即した、より正確な情報提供を考えているようですが、ゼンリンの地域認識の力の入れようもバカにはならないのです。

1日にのべ1000人近くの尽力を投入し、新しい建築物などを精度高く調査しているようで、長年の経験と実績は簡単に超えられるものではないと思います。

ということで、やはりゼンリン社との決別は、現時点では地図情報の劣化と評価されても仕方がないものだと考えます。

グーグルカーを走らせたのと、航空写真などからの情報を合わせたAI評価は、ゼンリンの経験とは 現時点では比較にならないようです。

スポンサーリンク

Googleは少し早めに見切り発車したものとみられる

Google と言えば、やはりインターネット技術では第一人者の地位を自負しているとみられまして、少々のミスがあるとはいえ「俺について来い!」のスタンスがあると感じます。

少々無理やりでも、時期尚早と言われても、やはり先発企業としての優位性を重視して、いち早く乗り出すほうに賭けたと思われます。

「まずは、やってみないと!」「少しずつ修正してゆけば!」という気概を感じるのはありますね。

スマホユーザーが移動した位置情報なども、徐々には改善していくものかもしれません。

そして、拡大した時に『概略地図』みたいに表示される状況は、やはり歩行者のユーザビリティを考えたものと言えるでしょう。

道のつながりを、地上でいる人が正確に認識できるように工夫した結果として、よく見る『店舗の周辺の概略地図』みたいな表示になってしまったということではないかと思います。

今後、どんな風に発展していくのかは注目されるところだと思います。

スポンサーリンク

-国内情報

執筆者:

関連記事

ゆるキャラグランプリで不正投票が発覚か!人気投票はゆるくない状況らしい

ゆるキャラグランプリ実行委員会は「ゆるキャラの目的は、地域の活性化にあります。 大切なことは、順位ではなく地域で愛されること。 全国区になるよりそこが大切です」と実行委員会は説明しています。 しかし& …

【新元号】令和を書いた茂住修身はどんな人?経歴・学歴と選任理由は?

新元号が『令和』と決まり、全国的に令和フィーバー状態になっています。 さて、話題がひと段落すると「令和の字はだれが書いたのか?」が話題になってきています。 恐らく大変な達筆の方だとは思うのですが、詳し …

台風と地震で宅配便はどうなるのか?遅配や時間指定不能 荷受け停止など

2018年は、これまでにない天災が続き、とにかく大変な毎日となっています。 特に被災地になってしまった地域やこれまで災害など考えたこともなかった地域の皆さんの驚愕は想像できないものがありますね。 さて …

置き勉がダメとされてきた理由は?学力低下が課題でいじめの原因に

『置き勉』はちょっと耳慣れない言葉だと思いますが、最近脚光を浴びてきているキーワードになります。 教科書やノートを学校に置いたまま帰宅して、持ち帰らないことを置き勉と言います。 なんだか新しい勉強方法 …

本庶佑氏について妻の滋子さんがノーベル賞を祝福!滋子さんの経歴は?

ノーベル医学生理学賞に輝いた本庶佑(ほんじょたすく)さんの業績が高く評価されており、喜びが広がっています。 本庶佑さんは日本人として5人目のノーベル医学生理学賞を受賞したのですが、その妻氏も話題に上っ …