最近のトレンドを考える

とにかく流行を追いかけます!

野球全般

ドラフト指名漏れの選手の理由は!有力候補がなぜ漏れたか検証する!

投稿日:




2018年10月25日にプロ野球のドラフト会議が施行されまして、それぞれのドラフト選択選手が決まりました。

ドラフト会議では、野球選手の将来を決めるべく抽選が行われまして、そこは悲喜こもごものドラマが展開されます。

何度も有力候補に挙げられながら、なぜかドラフトから漏れて涙を飲む選手もあり、関係者ならずとも首をひねる展開になります。

球速140キロ後半を記録できるのに、なぜ指名漏れしてしまったのでしょうか?

ここでは、2018年の有力候補からドラフト指名漏れ選手を選び出し、その理由を検証します。

スポンサーリンク

下関国際高校 鶴田克樹投手は肘の使い方が嫌われた?

身長180センチで体重93キロ(右投げ右打ち)と恵まれた体格の 下関国際高校の鶴田克樹投手は、最速が147キロと高校生としては決して遅くなく、ストレートは140キロ前半をコンスタントに出せるタイプ。

四球を出さないコントロールの良さも評価が高く、バッターを追い込んでの投球が光り、難しい球に手を出させて打ち取る技術もあります。

問題点というのは、肘の使い方が独特であり、プロのスカウトの評価が高くなかった可能性があります。

★ ストレートにキレが甘くて、奪三振率が高くないこともあり、ストレートの三振はほとんどが見逃しによるものです。

ストレートが当てられやすく、厳しい言い方になりますが、やや棒球になってしまう傾向にあるのでは、と分析されている可能性があります。

球速に比して、やや威力が乏しい評価をされている印象があります。

★ 左打者に対しては、ストレートが高めのアウトコースに抜けやすく、ランナーがいる状態では左打者に低めに落ちる変化球を多投する傾向にあります。

これは盗塁などを許しやすく、左の巧打者が多いプロでの期待度が低かった可能性があります。

★ 甲子園大会の後、監督が「満身創痍の中、よく頑張ってくれた」と発言があり、無理をしたため故障があるのでは?との指摘もあります。

これらがドラフト指名漏れの理由とみられます。

十分な休養の元、大学や実業団でぜひ力をつけて再チャレンジしてほしいと思います。

スポンサーリンク

法政大学の森田駿哉投手はケガが心配された?

184㎝、84キロと恵まれた体格の法大 森田駿哉投手(左投げ左打ち)もドラフト指名漏れしてしまいました。

★ やはり大学時代のケガの経過が懸念された形となっています。

高校時代は富山商業高校で活躍し”北陸のドクターK”と呼ばれていました。

最速146キロを投げ、コーナーワークも匠であり、高校の時代でプロから注目されていた逸材です。

ですが、プロ志望届を出さずに法政大学に進学しました。

法大の1年生の春に、初先発初勝利を挙げるなど期待されていたのです。

しかし、そのあとケガ(疲労骨折)に悩まされ手術を受けるなど、長いリハビリ生活に入ります。

4年生の春のリーグに復活してきましたが、やはりケガの影響をプロのスカウトは懸念したのかもしれません。

高校時代に燃え尽きてしまったとは思いませんが、高校時代にU-18の日本代表に選出されていた逸材なのです。

大学に進まずプロにすぐ進んでいれば、正しい練習法が身についたのでは?ドラフト指名漏れは残念だ、と惜しむ声も聞かれます。

スポンサーリンク

東芝の岡野祐一郎もケガが懸念された可能性あり

地元の福島県 聖光学院から青学大に進み、東芝入りして力をつけてきていた岡野祐一郎投手。

180㎝ 85キロ(右投げ右うち)と少し細身ですが、切れ味が鋭い最速148キロのストレートと多彩な変化球が持ち味です。

聖光学院時代はU-18にも選出され、この世代ではトップクラスの実力があったのです。

★ 青学大の3年生の秋にはケガにて登板が無かったのですが、このケガが懸念されているのでは?そんな印象を持ちます。

東芝に入っては、ストレートに磨きをかけ一段と成長した印象でした。

とにかく安定感があり、ゲームを作ってくれる、痛打・大量点はあり得ない雰囲気が高く評価されていました。

2018年の3月に登板したときは、日米13球団のスカウトが結集する状況だったのですが、終わってみれば無念のドラフト指名漏れ。

現時点では、大きなアラがないだけに、やはり大学時代のケガがマイナス評価されてドラフト指名漏れの理由とみられます。

一段と奮起してくれることを祈りたいですね。

スポンサーリンク

慶大卒で由伸2世と呼ばれた谷田成吾は実力不足?

慶大で通算15ホーマーの記録があり、甘いイケメンで鳴らした谷田成吾もドラフト指名漏れしてしまいました。

慶応高校から慶大に進んだ谷田成吾は、かねてから何かと騒がれる選手でした。

183㎝で89キロ(右投げ左打ち)とプロ野球選手としては、水準の体格でしたが大学時代もドラフト指名がなく、JX-ENEOS に進み、その後はMLBのトライアウトを受けます。

マイナー契約をめざし、8球団のうち4球団が関心を示してくれたものの、結局マイナー契約にも至らず。

NPB入りを目指して四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスに入団しますが結局、ドラフト指名を獲得できませんでした。

★ 大学時代の15ホーマーの内容がちょっと問題でして、半数以上が東大から打ったというのが、今一つの評価の元、ドラフト指名漏れの理由ではないかと噂されています。

移籍するたび、徐々にランクが下がっている印象をぬぐえず、下から若手が台頭してきており、忘れられた存在にならなければ良いが…の印象を持ちます。

スポンサーリンク

-野球全般

執筆者:

関連記事

高橋由伸監督の美人の嫁と娘について。長女が監督そっくり!

巨人がかなり苦戦しているところですが、ファンの視線はチーム成績だけではありません。 由伸監督の御家族や娘さんなども気になるところ。 この記事では、高橋由伸監督の身辺の情報をまとめてみます。 スポンサー …

中日は根尾昂をショートにすえる構想で長期計画か!どうなる京田陽太!

落合博満監督退陣後から、長くBクラスに甘んじている中日ドラゴンズは、体制を一新しつつあります。 落合監督時代のヘッドコーチである森繁和監督監督と契約を終了して与田剛監督を招聘。 そして、落合中日時代の …

中日ドラゴンズの次期監督は誰なのか?森繁和監督の去就はどうなるのか?

落合博満監督時代が良さ過ぎて、その後低迷を続けている中日ドラゴンズ。 落合ドラゴンズをけん引していた、岩瀬仁紀投手、荒木雅博内野手、浅尾拓也投手などがオフの引退を発表し、世代交代を感じさせます。 Bク …

野球ヘルメットのフェイスガードの正式名称はCフラップ!メジャーでも人気らしい

日本シリーズで案外目立つのが、打者ヘルメットについている…あれはフェイスガードなのか? 正式名称はCフラップというようですね。 流行りのようですが、顔付近へのデッドボールなどにはかなり安全 …

阪神の次期監督候補 2019は誰か!矢野燿大 岡田彰布 掛布雅之が候補か?

紆余曲折の末、阪神タイガースの金本知憲監督が辞任することになり、2018年10月11日に発表になりました。 2018年の阪神タイガースの成績は、セリーグ6球団では最下位に終わり、これは2001年の野村 …